カテゴリ: 大人の嗜みガイド

観葉植物のある暮らしで享受されるもの

空間に緑が加わり、グッと引き締まる

出典: suvaco.jp

まずはインテリアとしての観葉植物がやはりポイント。木材にしろ鉄材その他にしろ、家具だけで配置したインテリアはどうしても自身のお気に入りの色でまとめがち。結果として統一感はあるものの、挿し色が存在せず締まりがなくなることが多い。そんな空間に対して、一つでも良いので観葉植物を取り入れることで、色彩に緑が加わりグッと全体が引き締まる。

新しい習慣ができる

観葉植物は定期的に水やりを行うことになるのだが、大抵は朝起きて出勤等の前に行うもの。それを継続すると朝の活動として1つの習慣が新たにできることになる。習慣ができあがると、生活にリズムが生まれ、頭や体の働きにも有効的に作用するため、豊かな日々を送ることにも繋がるわけだ。朝、出勤時間ぎりぎりに起きてバタバタした時間を過ごすのではなく、ゆっくりと観葉植物に水をやり精神を整えて一日を始めよう。

いのちを感じ、人としての愛情を育む

観葉植物はインテリアとして捉えながらも、立派な生き物。日々の水やりやメンテナンスを通して「自分以外の生き物と共に過ごす」という新しい時間が構築される。そうすることで、愛情、思いやり、気配りといった人間らしい精神を育むことができる。


男ならではの豪快な観葉植物で存在感を

インテリアとしての観葉植物は小さなものから大きなものまで多種多様だ。女性的なもので言えば小さなサボテンからはじまり、比較的手におさまるものや、テーブルや棚に置ける程度のサイズ感が多い。その中で、男性の豊かな生活を応援するACCETORY編集部としては、男性ならではの豪快で大きな観葉植物をご提案したい。空間に存在感ある観葉植物は、来客が訪れた際や自身が過ごす際にも強烈なインパクトを残し、自分ならではの空間作りに貢献してくれるはずだ。

名前からして勇ましい、アムステルキング

出典: www.green-interior.jp

こちらのアムステルキングは高さ2メートルを超える大物。キングという名にふさわしい無駄の無い佇まい。

グネグネした幹が特徴のアマゾンオリーブ

出典: www.tree-tree.jp

適度に曲がった幹と小ぶりな葉たちが作る姿は、どこか和の雰囲気を醸し出す。シルエットが綺麗で投影される影も楽しみたい植物であるため、周りには極力物を置かないことをおすすめする。

トロピカル&雄大なヤシ

出典: a-t-g.jp

南国のイメージが強いヤシであれば、写真のように風呂場に設置するのもおもしろい。背丈が非常に高い種類であるため、包み込むような佇まいが特徴だ。その特徴を生かし、部屋の四隅に配置すると空間全体の奥行きが表現される。

サンセベリアで空気まで浄化

出典: iemo.jp

サンセベリアはマイナスイオンを発し臭いを浄化する作用を持っている優れた観葉植物。見た目も独特で強い植物であるため、怠け者の方でも安心して育てることができる。

観葉植物の王道、ガジュマルはやはり押さえる

出典: kamo035077.seesaa.net

ガジュマルは「幸せを呼ぶ樹」「幸せを見守る樹」として過去からインテリアに好まれてきた観葉植物。育てやすいのも功を奏して広く愛されている。見た目も変わった幹をしており、丈夫な作りであるため観葉植物の入門としておすすめ。


最後に

観葉植物と一言で言っても、種類もサイズもそれぞれで悩むことは非常に多いだろう。まずはここで挙げた植物たちが自分に合うかどうか見てもらいながら、実際にはお店で見て愛着が湧くかどうか、育て方と自分のライフスタイルがマッチしているかどうかを確認するのが良いだろう。ACCETORY編集部では引き続き観葉植物について、その育て方や、配置場所にマッチした種類は何か、おすすめ店舗等をご提案していきたい。

関連タグ

タグから記事を探す

 次の記事へ 
編集部 羽田裕明

大人をもっと楽しむ情報、自身を磨く情報を日々発信します。

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP