カテゴリ: 大人の嗜みガイド

直火式エスプレッソはエスプレッソではない!!!

まず我々は衝撃的な事実をあなたに教えなければならない。直火式エスプレッソはエスプレッソではないのである。
ヨーロッパでエスプレッソとされているものは専用のマシンで高圧抽出したもののみ。イタリアでは、直火式エスプレッソマシン(以下マキネッタと称する)で作られたものは「モカ」と呼び、エスプレッソからは区別しているという。
この記事を読んでいる方の中には、そもそもマキネッタの存在を知らなかった、という向きも多かろう。
もしあなたがそうであるならば、あなたは幸運である。なぜなら、あなたはマキネッタと呼ばれる直火式エスプレッソマシンが存在するということ、それによってできるものがイタリアではエスプレッソと呼ばれていないということ、この二つの知識を同時に得られたからである。

しかし日本ではマキネッタを使用して淹れるモカも、一括りにエスプレッソと呼称するのでいささかややこしい。
ちなみにモカという名称はコーヒー豆の産地、モカとは関係ない。

マキネッタとイタリア人

一家に一台以上、旅行にはマイマキネッタを持っていく人もいるというほどイタリアでは親しまれているマキネッタは1933年、アルフォンソ・ビアレッティによってこの世に送り出された。以来そのシンプルな構造と手軽さから、イタリア人に広く親しまれている。
もちろんイタリアでもバールでは電気式の高圧抽出が可能なエスプレッソマシンを使っているが、家庭ではマキネッタで気軽にカッフェを楽しんでいるという。
イタリア人たちはマキネッタを大切に長く使い続け、中には三代にわたって受け継がれるものもある。

マキネッタの魅力

マキネッタの魅力はなんといってもその手軽さ。値段も3000円程度で、サイズも小さいので置き場所に困ることはない。
使い方も、ざっくりいえば、挽いた豆と水をセットして火にかけるだけ。時間ものんびりやっても数分かからないから、ドリップコーヒーよりも簡単。メンテナンスもほぼ必要ないし、アウトドアにもぴったりである。

前述のとおり、イタリア人はこのマキネッタをこよなく愛していて大切に使い続けるのであるが、単純な愛着のみからそうするわけではない。このマキネッタという道具は、使えば使うほどコーヒーの香りがなじみおいしいモカを我々に提供してくれるのである。

もちろん、どこか懐かしさのあるデザインも魅力。アルミ製の味のあるマキネッタは、もしあなたがエスプレッソに飽きてしまったとしても、インテリアとして立派に活躍してくれるだろう。

マキネッタの使い方

マキネッタの使い方は実に簡単。大きく分けて3つの手順がある。

出典: casualkitchen.blogspot.tw

まずマキネッタは三つのパーツに分解できる。
手前に見える漏斗のようなパーツがコーヒー豆をセットするバスケット。
真ん中にあるパーツが水を入れるボイラー。
そして一番奥にあるパーツがモカが抽出されるサーバー。

水を入れる

まずは底のパーツに水を入れる。浄水器で濾過してあるものが好ましい。水の量は一人前で60mlから70ml。

コーヒー豆を入れる

出典: casualkitchen.blogspot.tw

次に挽いてあるコーヒー豆を入れる。
注意したいのがその細かさ。エスプレッソ用の豆は細かく挽くのが基本だが。マキネッタの場合抽出力がそこまで高くないので、あまり細かく挽きすぎると詰まるので注意。
量は一人当たり8g。だいたいすりきり一杯ほど。
電気式エスプレッソマシンの場合はタンピングする必要があるが、マキネッタの場合は軽くならすだけで十分だ。

出典: casualkitchen.blogspot.tw

豆と水を入れ終わったら火にかけよう。
写真はIHなのでわかりにくいが、火加減は弱火で。
マキネッタの上から見て火が見えない程度の弱火がベストだ。
しばらくすると水の沸騰するポコポコという音が聞こえてくるはずだ。その音がシューシューという音に変わったら飲みごろの合図。

デミタスカップに入れて、モカを味わおう。

手入れ

手入れも非常に楽。マキネッタが十分に冷めたら分解し、コーヒーの出し殻を捨ててさっと水洗いするだけ。
決して洗剤を使ってはならない。使えば使うほど香りがなじんでいくのがマキネッタの魅力だからだ。コーヒー豆から出た自然な油分によってマキネッタがコーティングされることで、マキネッタの金属臭が消え、豆の本来のうまみを味わえるようになる。

マキネッタと電気式エスプレッソマシンの違い

マキネッタは蒸気の圧力で内部気圧をあげ、コーヒーの成分を抽出する仕組みをとっているが、その簡便性のゆえに、電気式エスプレッソマシンのように高い気圧で抽出することができない。通常電気エスプレッソマシンは9気圧で抽出を行うが、マキネッタは精々1.5気圧が限界である。
それゆえエスプレッソとは幾分違う味になるし、エスプレッソを特徴づけるクレマ(細かい泡)もできない。
ただ、だからと言ってマキネッタで作るモカがエスプレッソに比べて劣っているかというとそんなことはない。
モカにもエスプレッソにはない面白さがある。ドリップコーヒーとエスプレッソの間に優劣が存在しないように、モカとエスプレッソの間にも優劣は存在しないのである。

最後に

手軽さとファッション性を兼ね備えたマキネッタ、じわりじわりと知名度が上がっているように思う。
カフェで本格的なエスプレッソに接した人々が、その魅力に気づき、自宅でも手軽に嗜みたいと考えたからだろう。もちろん近年のアウトドアブームに伴い、外でも本格的なコーヒーを楽しめるマキネッタが脚光を浴びたということも理由として挙げられる。



関連タグ

タグから記事を探す

 次の記事へ 
編集部 三宅隆平

脳髄を置いてきぼりにして走る

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP