カテゴリ: 大人の嗜みガイド

コーヒードリップのツートップ ハンドドリップ&フレンチプレス

紙や布、金属などのフィルターを介してコーヒーを抽出する、ハンドドリップ。上手く淹れれば(この上手く淹れればが本当に難しいのだが。)雑味も抑えられるため、豆の味が分かりやすい。何より自分で淹れているという実感があり、支持するユーザーも多いだろう。対して、フレンチプレスはフィルターを介さない抽出のため、本来ハンドドリップで失われがちなコーヒーの油分(金属ドリッパーは例外)や、人によっては好まないであろうコーヒーの微粉を含めた、コーヒー全体の味わいを楽しめる。

どちらが良いかは完全に好みの問題だが、初心者が手軽に淹れられるのはフレンチプレスである。けれど、フレンチプレスは下部についているフィルターの掃除がやや面倒。
ハンドドリップはペーパーであればドリップ後の粉をフィルターごと捨てれば良いため手間は少ない。代わりに今度はそれなりの技術が要求される。味の違いの他にも、一長一短な手間の違いが存在する。

時間をかけられない朝に手軽に美味しいコーヒーを飲みたい……。上のような本格的な淹れ方は初めは抵抗があるけれどコーヒーマシンの味で満足したくない……。そんな貴方はどうすればよいのだろう。

そこで登場するのが、クレバーコーヒードリッパー。
その名に負けることなく、本当に賢くお手軽にハンドドリップライクなコーヒーを楽しめるのだ。
それでは実際にどのように淹れ、どんな利点があるのか、詳しく見ていこう。

クレバーコーヒードリッパーとは?

これがクレバーコーヒードリッパー。大きさによって淹れられる限界の量は決まってくる。
ペーパーフィルターと豆を中に仕込むのはペーパードリップと変わらない。
通常はストッパーがかかっているのでコーヒーを注いでも落ちてこない。
カップを乗せることでストッパーが外れ、ドリップすることが出来る。

準備するものはドリッパー、ペーパーフィルター、豆、ポット、カップ、それとタイマー。豆は秤で常に量を正確に量り、おいおい好みで調節できるようにしておこう。
豆の量は目安として一杯分の水200mlに対して15gほど。あくまで目安なので、好みの味になるように微妙に量を調節してもらって構わない。

実際に淹れてみよう。
まずは湯を沸かしながらドリッパーにペーパーと豆をセットする。
湯が沸いたら、冷ましがてらカップにも注いで温めておく。
タイマーを4分にセットし、ドリップしていく。
全体的に豆を湿らせるようにゆっくりと湯を落とし、30秒蒸らす。ここら辺は普通のハンドドリップと変わらないが、蒸らす際にフタを忘れずに。
そのあともゆっくりと湯を落としていき、注ぎ終わったらタイマーが鳴るまで放置。
4分経ったらカップの上にドリッパーを置き、完成。

後片付けも簡単で、フィルターと豆を捨て、ドリッパーを洗って終了である。この手軽さはフレンチプレスには無い。

オフィスで淹れ始めるという大暴挙。
実際に淹れてみるも豆の鮮度が落ちてて膨らまなかったり、緊張で湯がぶれてフィルターにかかったりと色々アクシデントが起きた蒸らし工程。

これだけ注いでも流れ出ないというハイテクな設計。この後、カップの上に置くとちゃんと下に落ちていった。
ほらそこ、豆の鮮度についてはもう何も言わない。

台湾発だというこのドリッパー。見た目はペーパードリップに使うドリッパーによく似た形をしている。
しかし抽出の仕組みは全く違う。ペーパードリップでは、お湯はコーヒー豆に馴染ながら常に下に流れ出る。けれどもこのドリッパーでは、一旦豆の入ったドリッパー部分でお湯を豆に漬け込み、その後フィルターを介してドリップをするのである。この漬け込むという行為が、フレンチプレスのやっている抽出方法なのである。
そのためクレバーコーヒードリッパーは、フレンチプレスのようにコーヒー豆全体の味わいを保ちながら、目の細かな紙のフィルターで、粉っぽさを除く、ということをしているのである。

クレバーコーヒードリッパーは微粉の少ないフレンチプレスコーヒーと言ったイメージが強い。そのため、ハンドドリップ好きの方が新しい味の発見があって好意的に受け入れるかもしれない。フレンチプレスを楽しむものとしては、微粉のもってりとした密度が好き、という方も多いだろうから、結局フレンチプレスで良くないか。という考えに行き着く可能性が高い。無論フレンチプレス側にも、微粉が出にくいという違いがある。それを気に入るかは本人の好みによるだろう。

では、どんな利点があるというのか。それは時間を完全に拘束されないで、安定したクリアなコーヒーが飲めるという点である。
本来ハンドドリップであれば、お湯を注ぎ続けるため抽出時間に付きっきりになる必要がある。
けれどこのクレバーコーヒードリッパーは湯を注いだあと抽出のために放置する時間が出てくる。ほんの3分少々の時間ではあるが、それでも忙しい朝ならありがたいものである。
またフレンチプレスに似て、味が大きくぶれないというのも利点である。同量の水、コーヒー粉、時間という3要素をしっかりと揃えれば、ハンドドリップのようにドリップが失敗するということもない。


時間をかけ、神経を研ぎ澄ませ、こだわりの一杯を淹れるということこそ、コーヒーの醍醐味であり真髄であるだろう。しかしめまぐるしい現代社会、時間をかけずとも美味しいコーヒーを飲みたい気持ちが湧いてしまう気持ちも分かる。そんな欲張りな貴方の忙しい朝を素敵に演出してくれる存在であることは明らかだ。


纏めると、ハンドドリップよりも手間をかけずにややクリアで味の安定したコーヒーが飲める器具といった感じだ。手軽に本格派、そんなフレーズがピタリと当てはまる。なんだか家庭用コーヒーマシンのキャッチコピーのようだ。
こだわりの抽出方法のある貴方も、コーヒー初心者の方も、もの珍しく手軽なこのドリッパーを試してみてはいかがだろうか?

関連タグ

タグから記事を探す

関連する記事

こんな記事も読まれています

 次の記事へ 
編集部 岡田悠吾

ウイスキーが深まる季節がきました。

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP