これからは電子タバコの時代?新感覚の吸い方に迫る

数年前と比べて電子タバコを使う人が増えてきている理由と、今後の電子タバコについての展望について見ていく。

タバコメイトのあり方

タバコのポイ捨てや路上喫煙の禁止区域などスモーカーにとっては肩身が狭い世の中になってきているが、仕事の息抜きやリラックスできる至福の時間を堪能できるのが、タバコを吸う時である。この時間から、新たな発想が生まれたり、喫煙所ではスモーカー同士のほんの小さな出会いが生まれることもある。タバコメイトともいう場合もあるが、タバコを一緒に吸いにいこうと誘われて、「いや、自分吸わないんで」と答えるか一緒についていくかで親近感がかなり違ってくると思う。(現に筆者はよく吸わないのに喫煙所にいき話をする機会がある)

今回の電子タバコは海外では主流になりつつあり、よりスタイリッシュに、タバコの吸殻やケースのゴミが出ない、エコとしての機能も注目されているが、日本でも電子タバコを広めようとする流れも出てきているので、今回は電子タバコについて、取り上げていきたい。

葉巻きとはまた違うスマートな吸い方ができる

愛煙家と呼ばれる人にとって、どんなタバコを、どこで吸うかは非常にこだわる点であり、中でも葉巻きを吸うことは、渋くスモーカーの極みであるという印象を受ける。葉巻きをかっこよく吸う=人裕福で生も充実しているというイメージも湧いてくるほど、葉巻きが似合う人はかっこいい。ただ、電子タバコというと、現代のテクノロジーとの融合や、近未来的なフォルム、性能が今後開発される予感がする新しい感じがする。日本では、Electro CigaretteではなくVapeの呼び名で電子タバコは表現されていて、リキッドタイプのものは中のフレーバーを好みに合わせてカスタマイズできる点が画期的である。本体だけ買えば、あとは気分や味の好みに合わせてフレーバーを楽しめるおしゃれなタバコとして、海外では著名人、セレブ層も愛用するほど電子タバコを手に取る人も増えている。

電子タバコはどこで手に入るのか

日本で電子タバコを手に入れるのは、通販サイト、もしくは実店舗での購入となり、実際にお試しで吸うこともできたりするので、興味ある方は試してみるのもいいかもしれない。筆者独自の視点であるが、都内だと原宿のCafe STUDIOという場所が、JT(日本たばこ産業)組んで、「 RETHINK TOKYO」というコミュニケーションパーティーを開催している。JTが出すploomという火を使わない新感覚の電気加熱式の電子タバコを親和性の高い、DJの音楽とお酒で、良い雰囲気の中、味わえるイベントなので、こういったリアルイベントにいって、実際に吸ってみるのもいいかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です