デジタル一眼レフ入門:最初に覚えるべき用語

最近流行っているデジタル一眼レフ。しかし、なかなかしっかり設定して写真を取るのは難しいし、用語もどれから覚えていいかわからない。そこで今回はデジタル一眼レフを扱う上で最低限知っておきたい、今更人には聞けないカメラ用語を簡単に解説します。

覚えておきたい単語

カメラは特殊な単語が多く、つい身構えてしまう。カタカナ語が多く、なんだか難しそう。
思い切ってデジタル一眼レフを買ってみたものの使い方がわからず、とりあえずP(プログラムオート)に設定してただシャッターを押している。そんな人も多いはず。
もちろんデジタル一眼レフでもシャッターを押すだけで写真は撮れる。
しかし、全部カメラまかせにしてたのではデジタル一眼の意味が無い。上達も見込めない。
そこで、今回はデジタル一眼レフで写真を撮るための最低限の用語を解説しよう。

ISO・ISO感度(いそかんど)

カメラが光にどれだけ敏感かを示すもの。フィルムカメラだとASAという基準もあったが、ISOで標準化された。大体100,200,400,800,…,6400,12800といった並びで、数字が大きいほど光に敏感(=暗闇に強い)。例えば、晴れた昼間の屋外だったらISO100、夜街灯のあかりで撮るのであれば6400と言った感じ。
また、シャッタースピードを早くしたい時もISOを上げることが多い。

フラッシュと違い写真自体が明るくなるので便利だが、上げ過ぎると画質が荒くなり、ノイズが乗ってしまう。ため、基本的に明るい時は低めに設定するのが普通。

シャッタースピード

シャッタースピードは文字通りシャッターのスピードのこと。カメラはシャッターを押している(=開いている)時間だけ光が入ってくる仕組みになっているので、その長さをシャッタースピードという。1/10(秒),1/60,1/200というように表し、分母が大きいほどシャッター速度は速い。
シャッタースピードが速いと手ブレしにくく、動いているものなどに適している。反面、撮った写真は暗くなりがちだ。
逆にシャッタースピードが遅いと手ブレしやすく、動いているものもぶれてしまう。そのかわり、明るい写真を取ることができる。また暗いところでフラッシュを焚かない場合は遅くする必要がある。
上の写真のように、シャッタースピードを遅くすることで動きを見せる手法もある。
この場合、いわゆるカメラの適正より明るい写真となっている。

F値・絞り値(Aperture)

F値・絞り値とは、レンズに入る光の量を調節するもの。絞りと呼ばれる羽のような装置で調整する。F1.4,F2.8,…..,F22のように表記し、数字が小さいほど取り込む光の量が大きく、写真が明るくなる。
また、各レンズで最小の数値が決まっており、最小のF値を「開放」といい、開放の値が小さいものを明るいレンズという。
鮮やかに映る範囲は、数字が小さいほど短く(狭く)なる。つまり、F値が小さいほど背景がぼける。

被写界深度

ピントが合う距離は一つだが、どの範囲まで鮮やかに映るかはF値で変わる。F値が小さく、鮮やかに映る範囲がごく短い(浅い)ものを被写界深度が浅いと言い、F値が大きく遠くまで鮮やかに映るものを被写界深度が深いと表現する。

露出

露光とは映像素子(フィルムの役割をするもの)に光を当てること。露出はその結果の写真の明るさのこと。露出と露光は辞書で引くと同じだが、慣例的にこのように使い分けられている。光が当たりすぎて明るくなりすぎることを露出オーバー、光が足りず暗くなりすぎることを露出アンダーという。
例えば、先ほどのシャッタースピードの写真は露出オーバーと言える。

ホワイトバランス

ホワイトバランスとは、白が綺麗に見える補正。と言われても困る人が多いと思うが、白は実は非常に難しいのである。晴天の下見える白と、室内の蛍光灯の下で見る白はかなり違う。人間の目は高性能でいい加減なので、同じと認識してしまうが、カメラは騙せない。その白を設定するための補正である。
最初は蛍光灯なら蛍光灯モード、晴天なら晴天モードに設定すればよい。カメラが思う最適なホワイトバランスにしてくれる。慣れてきたら、本来とは違うモードにしても面白い。だんだん自分の撮りたい絵に必要なホワイトバランスがわかるようになってくる。

カメラのつまみのP・A・S・Mって?

カメラに付いているツマミに書いてあるP・A(Av)・S(Tv)・M。これは、露出モードというやつ。
Pはプログラムオート。シャッター速度も絞りもカメラが決めてくれるモード。AはAperture(絞り)優先で、F値は自分で設定してシャッター速度は自動で決まる。Sはシャッター優先。シャッタースピードを自分で決め、絞りはカメラが決める。Mはマニュアル露出で、自分ですべて設定する。写真のように、AがAv、SがTvと表記されることもある。(Aperture Value/Time Valueの略)

最初はPでピントをあわせることのみに集中する。慣れてきたら、例えば動いているものを撮るときはS、背景をしっかりぼかしたいときはAと使い分け、最終的にはMで写真を撮るなど、レベルに合わせて使い分けたらよい。

おわりに

カメラ用語は限りなく多い。しかし、その中でも上に上げた程度のことを知っていれば、一眼レフを持っていてもったいない!ということはなくなる。
まずはこれらを自分で設定し一喜一憂して、必要とあらばもっとマニアックな単語を覚えていけばいい。
まずは一歩、設定するための用語を知るところから始めてみてはいかがだろうか。
その一助となれば幸いである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です