カテゴリ: 大人の嗜みガイド

『そもそもフジロックとは』をおさらい

フジロック、聞いたことはあるけど実態はよく知らないから、行ってみたいようなそうでもないような。そんな人もいるだろう。今年の魅力を伝える前にそもそも『フジロックとはなんぞや』を簡単にお伝えしたい。

日本を代表する音楽フェス、それがフジロック

フジロックは1997年夏、富士山麓・天神山スキー場で誕生した音楽フェス。1998年に会場を東京の豊洲に移して開催し、1999年から苗場スキー場に会場を移して現在に至る。20年近く開催している、伝統ある音楽フェスなのである。

「自然と音楽の共生」を目指して立ち上がったフジロックは、恐らく日本の中では最も信者の多い音楽フェスであり、海外アーティストの充実度で言えば圧倒的ナンバーワンではないだろうか。ゆえに外国人客も非常に多いのが特徴である。

そういうと、ちょっと治安が悪そうと思う方もいるかもしれないが、ご安心を。
外国人客が多いのと同じくらい、子供連れのファミリー客が多いのも特徴だ。「自然と音楽の共生」とうたっているが故、エコ活動にも非常に真剣に取り組んでいるのと、何よりもフジロックLOVERが多いため、LOVE&PEACEの雰囲気が全体を包み込んでいる。おそらくだが、東京やその近郊で行われるような都市型フェスよりもよっぽど治安は良いだろう。

まだ参加したことがない、けれども音楽は好きだ、特に洋楽は。という方は是非騙されたと思って参加してほしい。きっとフジロックそのものを好きになるはずだ。

唯一の注意事項は『雨』

フジロック初参加の方はこれだけは留意しておいて頂きたい。フジロックは決まって雨が降る。それはロケーションからしてみれば当たり前で、山奥での開催ということで天気が移ろいやすいのである。中にはただでさえ移ろいやすいのに、重低音を響かせるがゆえに雨を呼んでいると言われるくらい、雨が降るということは覚悟しておいた方が良い。故に雨具、レインコートは必須だ。

アクセスは越後湯沢駅からシャトルバス or 車

会場が山奥の苗場スキー場ということもあり、アクセスは都市型フェスのように都合の良いものではない。最寄りの越後湯沢駅から定期的に出ているシャトルバスか、車で直接向かうのが一般的だ。ただ、街中がフジロックムードに包まれており、シャトルバスの本数が多いのは救いである。

今年は、メジャーからマニアックまで網羅的なラインアップが魅力

毎年アーティストが発表されると議論が交わされるフジロック。正直ここ数年のラインアップは首をかしげる人も多かったのではないだろうか。
そんな人々も今年については「これは見ておきたい」と思わせるアーティストが1組以上いるはず。3日通しでなくても足を運びたい充実のラインアップだ。詳細は以下公式サイトのラインアップページを見てほしい。

3日間通してトリをロックで押さえてきた

1日目は、フー・ファイターズ。元ニルヴァーナのドラマーであり、現在の音楽シーンを代表するロック・アイコン、デイヴ・グロール(vo,g)を中心とする米ロック・バンド。グラミー賞を11度も獲得したモンスターロックバンド。

2日目は、ミューズ。96年にデビューした史上最強の3ピースロックバンドと呼ばれており、3ピースとは思えない重厚なロックサウンドが特徴。グリーンステージでのパフォーマンスは数年前にもあったが、今回もオーディエンスを骨の髄まで魅了してくれること間違いなし。

3日目は、元オアシスのノエル・ギャラガー率いる、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ。UKロックの王様とも言うべきオアシスで、ほぼすべての楽曲を手掛けてきたノエルがフジロックに帰ってきた。今年2月に発売された新譜を引っさげて、雨も吹き飛ばす熱いパフォーマンスを期待したい。

トリ以外も極上のラインアップが僕らの胸を踊らせる

1日目で誰もが嬉しいのは、OWL CITY、奥田民生、ROUTE 17 Rock'n'Roll ORCHESTRA あたりだろうか。
OWL CITYといえば『GOOD TIME』であれば誰しもが耳にしたことのある超有名曲。ミディアムテンポなアッパーチューンで苗場の山は一転してHAPPYなクラブへと化すことになるだろう。
奥田民生は説明要らず、何を歌ってくれるのか今から楽しみだ。ROUTE 17 Rock'n'Roll ORCHESTRA は聞き覚えがない人が多いだろうがメンバーを見れば、なるほど納得。泉谷しげる、吉川晃司、トータス松本といった著名アーティストが参加している。なんだかんだで日本人の著名アーティストがいると会場は一体感が生まれるものだ。普段は好きじゃないアーティストでもフジロックで聴くと好きになってしまう、そういう不思議な力をフジロックは持っている。

2日目は、ややマイナーだが好きな人はとことん好き、といったアーティストが多い印象。
特にここでピックアップしたいのは、BELLE AND SEBASTIAN (通称ベルセバ)、クラムボン、HAPPY MONDAYS、group_inou、キセル、オシリペンペンズあたり。
ベルセバは最近では2010年にもフジロックのホワイトステージでヘッドライナーとして出演、しかしこの時はグリーンステージでマッシヴ・アタックと重なり、オーディエンスを2分したため、聴けなかった人も多かったのではないだろうか。今年はそのときと同じホワイトステージでの出演なので是非リベンジといきたいところだ。

最後に3日目の注目アーティストは、椎名林檎、HUDSON MOHAWKE、toe、Seiho。
椎名林檎と言うとミーハーな印象を持たれてしまうのは承知の上だが、彼女の楽曲がグリーンステージで聴いたときにどんな感覚を覚えるのか、それが楽しみで仕方ないのだ。HUDSON MOHAWKEとSeihoは独特のエレクトロニックサウンドで定評のある注目アーティスト。クラブで聴くのとは全く違った印象を持たせてくれること間違いなしだ。
そしてtoeと言えば夏フェスの常連。全精力を注いだ情熱的なインストミュージックは見る者の心を奪う。新曲はなかなか出さないのだが、ライブごとにアレンジを効かせてくれるのも嬉しいポイント。今年もきっと彼らは僕らの記憶を塗り替えるパフォーマンスを見せてくれるだろう。

気になるチケットは絶賛発売中!まだ売り切れは無し!

まだ2か月先ということもあり、チケットは売り切れ無しで絶賛発売中!
アーティスト発表もおおよそ済んだため、これから一気に売れることが予想されるため、気になる方は以下ページですぐさまチケット購入を。

よりアコースティックな音楽がお好きな方はこちらのフェスもオススメ!

Thumbnail Photo by Tokyo Times(on flickr)

関連タグ

タグから記事を探す

関連する記事

こんな記事も読まれています

 次の記事へ 
編集部 羽田裕明

大人をもっと楽しむ情報、自身を磨く情報を日々発信します。

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP