カテゴリ: ビール

「ビールは工業製品。」長い間大手メーカーが大工場で作ってきたこともあって、そういったイメージが定着していた。しかし今、農業の延長という姿が垣間見えるビールが注目されている。作り手の顔が見えて、背景にある思想やストーリーなどが見え隠れするビール。小規模な醸造所で、美味しさを追求したビール。クラフトビールだ。

クラフトビールとは

クラフトビールはマイクロブルワリー(小規模醸造所)で作られるビールのこと。アメリカでの流行を経て、日本でも草の根的に広がりを見せた。小規模の醸造所で作ることを工芸品にたとえ、クラフト(工芸)ビールと呼ばれるようになった。

もっとも、クラフトビールに明確な決まりは(少なくとも日本では)存在しない。

日本では、1994年の酒税法の緩和により小規模醸造所が生まれ、しばらくは地ビールという呼び名で広まり、ブームにもなった。しかし、物珍しさに力が入れられただけで味にこだわりが少ないものが多かったために、「高くてまずい」というイメージがついたことでブームは終焉。
その後、欧米のブルーイングを学ぶなどして復活。特にアメリカでクラフトビールと呼ばれてブームになっていたため、クラフトビールと名前を変えて再登場した形だ。

クラフトビールの一番の魅力は、種類が豊富なこと。ビールには沢山の種類があるが、日本で普段飲まれているビールは、一種類にまとめられる。ペールエール、スタウト、ヴァイツェン・・・大手が作らないたくさんの種類のビールを飲むことができるのが、クラフトビールの魅力だ。
ビールの種類による違いについてはこちらの記事でまとめたので読んでみてほしい。

アメリカでは、基本的には一種類のビール(ピルスナー・いわゆるラガー)しか作られてこなかった。
それにマイクロブルワリーが新しい選択肢を提示して、飲めるビールの種類が増えていった

そのクラフトビールが、今世界中でかなり流行している。ブーム自体はアメリカに始まり、フランス・イタリア等まで波及。
日本でも、上述したとおり再ブームとなっている。

日本には全国で200ほどのマイクロブルワリーがあり、それぞれ独自のビールを展開している。
有名なのは、coedoビールやよなよなエールだろうか。どちらも地ビールと呼ばれた時代から技術を蓄積しつづけ、最近ではかなり高い評価を得ている。輸出に強いのは老舗の酒屋、木内酒造が醸造している常陸野ネスト。20カ国に輸出されていると言うんだから驚きだ。
もちろん上記の他にもさまざまなビールがある。

スプリングバレーブルワリーと問題点

2015年5月にオープンした、注目のブルーパブがある。代官山のスプリングバレーブルワリーだ。
ここはなんと、大手ビール会社のキリンビールが手がけたブルワリーダイニング。
その場で醸造されたビールが味わえる。代官山の新スポット、LOG ROADにあり、外観はとてもおしゃれ。
1000円で6種類味わえるビアフライトは評判だ。筆者も行ってみたが、とてもおいしく、フードとのペアリングもたまらないものがあった。

しかし、ここで問題なのはクラフトビールはマイクロブルワリーで作られるのが原則ということ。
大手メーカーの資本で作られたビールをクラフトビールと呼んでいいのか、議論の余地はある。
せっかく根付きかけているクラフトの土壌に、資本力のある4大メーカーが踏み込んできたら、これまで頑張ってきたマイクロブルワリーはたまったものじゃない。価格競争が激化するかもしれないし、原材料不足に陥る可能性だってある。

実は、アメリカでも同様のことが起こっているようだ。アメリカのクラフトビール協会は明確に「大手資本の傘下にないこと」をクラフトビールの条件と定めている。大手の資本がクラフトビールを名乗るのはNOと突きつけたのである。
そうでなくても、ローカルなものを応援する文化の強いアメリカだ。

日本ではどうなるのだろうか。
たしかに、美味しいものであれば何でも良いという人は多い。
一方で判官びいきの気風も強くあるから、コアなビールファンの間ではあくまでも“クラフトさ”にこだわる向きが増えるかもしれない。

もっとも、アメリカのマイクロブルワリーは日本基準でいったら大手に入るような規模だったりして、比較は簡単ではない。

これからクラフトビールについてもっと厳密に定義されるかも知れないが、大手の影響力は強い。
マイクロブルワリーはどうなっていくのだろうか。

しかし、逆に言えば大手も参戦するほどその注目度は高いということ。
2015年はクラフトビール元年と呼ばれるほど、クラフトビールが流行っている。
市場はこれからも伸びていくと考えられているし、コンビニの棚にクラフトビールが増えることも十分考えられる。
そんななか、大手が参入するのは当然とも言える。
大手だろうがなんだろうが、美味しいビールを作ってくれるのは嬉しい。
ただ、結局大手が独占してしまったのでは、せっかく増えてきたビールの多様性が少なくなってしまう。
そうなってしまっては残念だ、と私は思うのである。

クラフトビールはなぜ流行っているのか

消費中心の社会は崩れつつある。リーマン・ショックに加え、日本では東日本大震災もあった。
経済は成長し続ける、なんていうことを信じている人はほとんどいないだろうし、
高価なもの、人気のあるものを選んでいれば幸せになれるといった物質主義的な時代は終わりつつある。
幸せの尺度が、徐々に変わりつつあるのだ。

ビールにしたって、居酒屋で「とりあえず生」といった画一的なものではなく、
「このお店に行ってこれを飲む」など経験に価値を見出す、好きな銘柄を取り寄せて飲む、など自分のカラーを出してみる。そういった、物の価値だけに囚われない消費の流れが出来上がってきたように思える。


主体性を持つこと。選択肢を持つこと。大手ビール会社の製品をただ消費するのではなく、自分でその場所に行き、自分が好きなモノを選択すること。これはフェスの流行にも通じるものがある。
最近フェスが流行っている理由について分析してみた
また、地産地消も近年のキーワード。先進的な例がポートランド。ポートランドに学べ!なんていう文をよく見るほど、ある種のモデル都市のような扱いをされる。ローカルなものを支持する基盤があるから、クラフトビールもポートランドが世界で一番進んでいると言われる。
クラフトビールから見るポートランドという自由

つまり、クラフトビールの流行は、ある意味時代の要請にあったものなのだ。
みんなと同じものを頼めばいいという考え方は、過去のものとなりつつある。
成熟していく社会の中で、そのことを如実に表しているのがクラフトビールなのではないか。
大手の時代は終わった、とは言わない。
ただ、ビールといえば「とりあえず生」だけではなく、様々な選択肢があるのだ。
背景にいろいろなストーリーがあるのだ。
そういったバックグラウンドを踏まえて、「自分にとって最良のもの」を選ぶというのが見直されていると思うのである。

この記事を読んで気になったら、実際に飲んでみてほしい。

クラフトビールの普及は著しく、割とどこでも飲めるようになっている。
さすがに和民みたいな居酒屋ではまだのめないけれども都内にもブルーパブ(自店でビールの醸造まで行っているようなところ)は結構増えてきているから、自分の行動圏内で探してみてほしい。

また、www.craftbeers.jpなど、全国のクラフトビールを通販で取り扱っているサイトもある。
自宅でゆっくり楽しむというのも選択肢の一つだ。

おわりに

サードウェーブコーヒーと、クラフトビールは似ている。クラフトマンシップに、大手に対する若干のアンチテーゼが含まれること。また、原材料にこだわり、一杯一杯に手間を掛けること。他の店舗・メーカーとの共存を目指していること。どちらも、昔を懐かしむような、社会の違和感をゆっくり解消しようとしているようなゆるやかな意志を感じる。いわば文化のリノベーションだ。
上に書いたとおり、こういった職人文化的な、手作業やストーリーにこだわるものが再び脚光を浴びるというのは、ある種時代の必然なのではないかと思う。

そんな御託は抜きにしても、様々な種類の美味しいビールが飲めるようになるのは嬉しい。
4大メーカーのビールだって美味しいとは思うが、クラフトビールという選択肢もあることを知ってほしくてこの記事を書いた。
クラフトビールの魅力はなんといっても、美味しいこと。種類がたくさんあることだ。
自分にとっての最高の一杯を求めて、クラフトビールを飲んでみてほしい。ブルーパブを巡ってみてほしい。
そうしているうちに自分の「スタイル」が出来上がっていったらいいなあ、などと思うのである。



Thumbnail photo credit to Shreveport-Bossier Convention and Tourist Bureau (on Flickr)

関連タグ

タグから記事を探す

 次の記事へ 
編集部 y.hatakeyama

お酒と音楽。

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP