カテゴリ: 大人の嗜みガイド

非-日本人的日本人画家、藤田嗣治

ピカソに讃えられた才能

モディリアーニやシャガールと並んでエコール・ド・パリの代表的画家であった藤田嗣治(洗礼名レオナール・フジタ1886-1968)は、フランスをはじめとする世界の画壇で、今なお影響力を残している偉大な画家だ。

名家の次男に生まれた彼は、軍医総監(軍医で最も高位な役職。中将に相当)であった父から医者になることを期待されつつも、しかし画家という道を選んだ。
父の上司であった森鴎外の勧めで東京美術学校(今の東京芸大)に進学するも、画風が、当時の日本画壇で流行っていた印象派から離れていたため、不当に低い評価を受けることになる。

1913年に渡仏した彼の才能は、数年の貧窮と修行を耐え忍んだ末に第一次世界大戦の終結後、大きく花開いた。
春画を思わせる、どこか日本的なエロチシズム、独自の乳白色の色使いによって特徴づけられた彼の絵は、フランスで熱狂的な支持を受け、一躍時代の寵児となる。

上の絵は「眠れる女」という絵だ。時間を止められたような静けさをたたえた裸婦とは対照的に、背景の東洋的な黒の色味は、いまにも動き出しそうな躍動感をたたえている。
冷気さえ感じさせるほどに白い、半ば透き通った肌の質感は「美術史において初めて肌の描写を芸術にした」と絶賛されるほどのものであった。
なるほど確かに彼の描き出す肌は、憂いを帯びて切なげで、その雪のような儚さは以前のいかなる絵画においてもありえなかったといっても過言ではないだろう。

彼については、その独自の「乳白色の肌」がフォーカスされがちである。だがむしろ私は彼の「線」に注目するべきであると思う。
絵を描くとき彼は、その細い、たおやかな線を瞬く間に引いたという。
卓越した技法によって、一筆描きのごとく描出された彼の繊細な線は、日本画に使われる細筆を使用したものだった。日本画的な道具、手法で描かれた彼の絵が、過剰、質量を旨とする西洋画の伝統に、抑制された、虚無的で連続的な静けさをもって衝撃を与えたのだ、と解釈することは強引なものではないはずだ。


だがこうしたパリにおける名声の一方で、1929年、レジオン・ドヌール勲章、レオポルド勲章を手に、渡仏以来初めて帰国した彼を待ち受けていたのは、閉鎖的な日本の画壇からの冷ややかな視線であった。
そうした低い評価には、彼の絵が当時の日本の画壇の潮流から外れていたことに加えて、大成功した彼への嫉妬とやっかみが多分に含まれていたはずである。

そして太平洋戦争が始まると、彼は陸軍の依頼をうけて戦意高揚のための絵を多数製作することになる。
皮肉なことに、軍部に協力して戦争画を描いていたこの時期だけが、唯一彼が日本人に受け入れられ、支持された時期であった。

裸婦から戦争へ

上の絵は、「アッツ島玉砕」という、彼の戦争画の代表作である。
泥濘のごとき色の兵士たちは、もはや日米の区別もつかず折り重なって倒れ伏しており、抑圧するような黒い色調の空は、しかしながら絵画の中でむしろ抑圧されているかのように狭く描かれている。
日本軍2600人余りのうち9割9分が戦死するという悲惨な“玉砕”を描いたこの作品は、それが公開されるや否や、絵画の前で滂沱する人が続出するというほどの大きな反響を得た。

アッツ島玉砕以外にも、彼は多数の戦争画を描いた。前述したように、彼の生前彼の絵が日本で受け入れられたのはただこの時だけであった。
その熱意を反映してか、彼の戦争画には、単に戦争を描き、戦意高揚に努めるという目的を超えた至高性が宿っているように思える。

当初、上の「アッツ島玉砕」は軍部からの許可がなかなかおりなかったという。たしかに彼の絵は、とても国民の戦意を駆り立て得るような朗らかな高揚感はない。国民に勝利を確信させるような前向きさはない。

代わりにそこにあるのは、血と肉と臓物と火薬と弾の、圧倒的な消費、蕩尽、そして破壊である。死という、針で引き裂いたかのような狭い裂け目にむかって殺到するエネルギーの奔流である。
折り重なって倒れ伏す日米の兵士は、サバト的、ディオニュッソス的乱交のごとき混沌を織りなしている。

こうした戦争を題材にとった絵画では、ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」等、有名な作品がいくつもあるだろう。
だが、彼の「アッツ島玉砕」は、そうした絵画と決定的に違う。それは、伝統的な絵画技法、構図に立脚しながらなお、彼の作品が伝統的なそれを瓦解させるような破壊衝動に満ちているからである。

彼は実際にこの絵画の舞台になったアッツ島に居合わせたわけではない。それをさして、想像でこんなリアルな絵画をかけることを称賛する向きもあろう。
だが、私の考えでは、それは過ちだ。想像でしかなかったからこそ彼はこの作品を描き得たのだ。その場に居合わせなかったからこそ、絵筆をとることができたのである。


だが戦争が終わると、彼は戦意高揚のために芸術を悪用したとみなされ、マスコミや画壇において悪しざまに罵られることになる。実際それは悪用であった。疑問の余地なく彼は、芸術の持つ力を政治的プロパガンダに流用したのであった。
今なお、日本においてのみ彼の名前が知られていないのは当時のこの批判のためだ。

日本に捨てられた世界的画家

轟々たる批判に嫌気がさした彼は1949年、63歳にしてついに日本を後にし、フランス国籍を得ると、二度と日本の地を踏むことがなかった。
出国時の「絵描きは絵だけ描いて下さい。仲間喧嘩をしないで下さい。日本画壇は早く国際水準に到達して下さい」という彼の言葉には疲れ切った老人のため息が混ざっている。
そうした寂寥はフランスで暮らし始めてからも続いた。友人の多くがすでに他界していたり亡命していたりしたためである。そんな中でも再会を果たしたピカソとの交流は、死ぬまで続いたという。

それを反映してか、彼の晩年の絵は、子供、それもどこか冷めたような視線をもった子供の絵を多く描いたものになっている。
もちろん彼に子供がいなかったのも関係しているだろう。
-
世界的に、特にフランスでは極めて高く評価され、レジオンドヌール勲章さえ受賞した彼は、だが果たして幸せだったのだろうか。
日本でも、フランスでもついぞ異国人であった彼の悲しみを、私は彼の線の中に見出す。

1968年、彼が癌で亡くなったあとに見つかった遺品の中にはレジオンドヌール勲章をつけた日本人形が見つかったという。

関連タグ

タグから記事を探す

 次の記事へ 
編集部 三宅隆平

脳髄を置いてきぼりにして走る

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP