カテゴリ: 大人の嗜みガイド

軽井沢一帯にひしめく観光スポット

長野県といえば、軽井沢というくらいイメージできる地域であり、夏の間では多くの家族連れや観光客が夏の暑さしのぎ、バカンスに行く人気エリアである。ここでは、いくつかの軽井沢を訪れたら是非とも寄っておきたい場所を取り上げたいと思う。

白糸の滝で自然の極みを味わう

こちらは、軽井沢駅からバスに乗車して、最寄りのバス停から徒歩5分圏内で行くことができる白糸の滝。避暑地として申し分ないロケーションであることは間違いないだろう。都内近郊でも、奥多摩地方や千葉の養老渓谷など滝が見られる場所もあるが、避暑地としてリラックスできる場所としては、やはり軽井沢が突出しているのではないだろうか。また、交通機関からすぐの場所にあるので、老若男女問わず行くことができるのもおすすめできるポイントである。

また白糸ハイランドウェイという森林の中に有料自動車道が整備されており、軽井沢駅から浅間山方面へ奥地に向かうまでの景色が緑一帯の自然を存分に味わうことができるので、マイカーを持っている人からは、こちらの道路を利用して途中の休憩所や地元で採れたいわなの塩焼きが絶品と評判。大自然の中、美味しい食べものを探すのもおすすめだ。

軽井沢野鳥の森で鳥のさえずる自然の音色を楽しむ

自然を楽しむのなら、こちらの国設軽井沢野鳥の森が良い。日本の3大探鳥地のうちの一つに数えられる、まさに野鳥観察にはもってこいの場所だ。宿泊施設では有名な星野リゾートのホテル「ブレストンコート」にも程なく近いことから、軽井沢高原教会や石の教会など他の観光スポットと併せて行くことも可能なので、近隣のホテルに宿泊して星野エリア中心にコースを練っても良いだろう。

この時期に見ることのできる野鳥は、瑠璃色が非常に綺麗で、日本の鳴鳥として3本の指に入るオオルリや山間部でよく見かけることができる黄色い姿のキビタキなど、こういったなかなか都内で見かけることができない野鳥を探すのもいいだろう。軽井沢高原には自然と触れ合うスポットがたくさんあるので、日常の疲れやストレスから解放され、自然に身を任せることで、英気を養うためにも適度のリラックス期間を設けよう。

また、夏といえば祭りだがここ軽井沢高原エリアでも毎年行われている北軽井沢高原まつりが有名であり、こちらの祭りもぜひチョックして見てほしい。

北軽井沢高原まつり
http://www.kita-karuizawa.jp/event/hanabi.html

戸隠エリアでアドベンチャー体験をしよう

戸隠地方とは、現在では長野県に合併されているが軽井沢から車で上越地方寄りに2時間ほどかかるので、少し距離があるが、飯綱高原や菅平など空気がとても澄んでいる名所に近い。家族や友人とともに楽しめる施設があるので、時間に余裕があったり、軽井沢以外の魅力ある避暑地をお探しの方にはおすすめエリアである。

今回まず紹介するのが、戸隠忍者村である。昔この地域では戸隠流という忍術が盛え、多くの忍者となろうものが戸隠山に集まり修行を繰り返していたことから、戸隠流という流派が生まれたといわれている。正式名称はチビッ子忍者村であるが、もともとは町おこしのため、戸隠にもっと家族連れに訪れてもらいたいという思いから、地元の人が中心となり忍者村を創ってきた。筆者も幼少期の頃、喜んで参加した記憶があるが今ではだいぶ様変わりして、運営やWebサイトもしっかりと整備されているみたいで、長年にわたり人気を博してきたのであろう。

都内ではサバゲーがとても人気があるが、こちらの忍者村ではチビっ子はもちろんのこと、大人も忍者の黒装束を実際にきてアトラクションを楽しめるのが、非常にユニークで面白い。幼少期以来、あまり野外でアスレチックをする機会がないせいか、こういう場面になると大人の方が気合が入るのもよくあることだ。親と子で参加ができるため、子供とのコミュニケーションを図るには最高にいい。

忍者にまつわる博物館や、一定の期間を持って開催される忍者ショー、お土産コーナーや食堂など、1日忍者村で過ごしても飽きの来ない場所であるため、良い空気を吸いながら身体を動かすのもまた格別の休暇の過ごし方なのではないだろうか。

そばの名地である戸隠そば作りを体験しよう

戸隠といえば、忍者と並び有名なのが戸隠そばという信州そばが有名だ。ここ戸隠地方には、古くから修行に精を出す人に対して、補助食として提供されたのがルーツとのことで、江戸時代に入ると、僧侶たちにも広まるきっかけができ、現在のようなそばきりという日頃食べているそばのような原型が出来上がっていったという。

また、戸隠そば作りを実際に体験出来るそば打ち名所があり、それが戸隠博物館の「とんくるりん」という観光スポットである。別名、戸隠そばミュージアムとして、大人から子供までそば打ち体験ができるのが嬉しい。実際に自分でそば打ちをしたものを食べるのはまた、普段とは違った味わいを得られるかもしれない。戸隠そばの特徴として、ぼっち盛りという1束ずつ分けられており、地域によって数が異なるという。盛り方にひとつとっても、そば職人の昔からのこだわりを感じられるし、絵的にも風情な気持ちを味わえる。

その他にもこの施設に併設するすべり台は、長野の広大な敷地を生かした約50mあるもので、子連れで来ても楽しめる。こういったジェットスライダー体験ができる場所も長野には点在しているため、東京では決して味わえない楽しさ、わくわくさがあるのが避暑地の最大の利点であり、生きていくための糧になる体験ができるだろう。この夏、プランを立てて長野県を訪れてみてはいかがだろうか。

関連タグ

タグから記事を探す

 次の記事へ 
kotaji222

世の中のトレンドやオモシロ イことを、様々なカテゴリーからピックアップして参ります

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP