ルーフトップで夏を満喫!澄み切った青空の下で余暇を楽しもう

今年も真夏の季節が到来!連日の猛暑日が続き、暑さを感じずにはいられない状況にある中、夜はキンキンに冷えたお酒や、美味しい食事も進むこの頃。そんな夏にぴったりなルーフトップ(屋上)でのお食事会や催し物などが増えているので、その魅力に迫ってみよう。

ルーフトップパーティとは


ルーフトップパーティーとは、簡単にいえば、屋上でのBBQや交流会だ。近年ではオフィスの屋上や、マンションの屋上を利用して、外の絶景を眺めながら美味しいドリンクを片手に楽しめることから、人気のパーティスタイルとなっている。一昔前では、タワーマンション内でのホームパーティ形式も人気であったが、ルーフトップではより開放感があり、ロケーションも手伝って自然と人との会話がしやすいなど、最近では主流になりつつあるのだ。ここでは、都内の人気ルーフトップスポットを見てみよう。

飲食店系

青山ラピュタガーデン「ラグナテラス」


青山通り沿いに面するこの場所は、ユニマットが飲食事業として手がける場所で、場所柄、昔から富裕層や特別な日を楽しむ人、業界人が集まる隠れ家として人気が高い。2012年末に閉店して、復活を待ち望む声が高く、昨年の7月に全面リニューアルして再開。ブルーの光るプールから、青山・六本木・東京タワーなどを一望できるテラスなど、訪れる人をあっと言わせる工夫がなされている。

とても綺麗な景観からドラマの撮影やVIPパーティなど格式の高い使われ方もされている。ちょっとおしゃれな場所での会合や、アイデア出し、親密なデートにも最適な都内でも最良のルーフトップスポットである。

ARK HILLS「ルーフトップラウンジ」

 

 

森ビル系列アークヒルズのサウスタワー屋上に、期間限定のビアテラスがオープンしている。商業ビルではデパートやブルガリなど、アパレルハイブランドの持つタワーでのルーフトップも素晴らしいが、圧倒的に違うところは、その高さが21階もあるということだ。後述する同系列の虎ノ門ヒルズのアンダースは52階というから、まさに驚きの高さなのである。

森ビルの中でも歴史が古いアークヒルズを再開発として2013年にサウスタワーが竣工。新しい六本木の商業施設として誕生した。周りにはサントリーホールや、テレビ朝日の放送センターなど感度の高い人達が集まる場所として栄えてきたが、アークヒルズの新しいスポットとして注目を集めている。ルーフトップでの風の心地よさや、緑豊富な敷地から見ることのできる眺望は、きっと一夏の思い出を作ってくれるであろう。
http://arkhills.beergardens.jp/

ホテル系

虎ノ門ヒルズ アンダース東京「ルーフトップバー」

虎ノ門ヒルズはアークヒルズと同じ森ビルが昨年開業して以来、とらのもんや独特の外観が話題を呼んでいる人気スポットである。従来はビジネス街であまりピンとこないエリアであったが、虎ノ門ヒルズができたおかげで、近隣の交通網の整理、飲食店が充実するようになり、周遊スポットとして人が流れてくるようになった。

虎ノ門ヒルズ内のホテル「アンダース東京」に併設する形で、ルーフトップバーがあり、最上階の52階から都内を一望できる圧巻のロケーションは、まさに100万ドルの夜景といっても過言ではないくらい、素晴らしい景色である。ファッションブランドのレセプションや海外の来賓を招いてのもてなしをこのルーフトップバーですることも多い。

パーティやお酒を飲む場所としても最適だが、早朝にはルーフトップヨガという絶景を満喫しながらヨガ体験ができる何とも贅沢なイベントも開催しているので、一度、絶景を実際の目で確かめたい人、朝活に取り入れてみたい人にはオススメだ。
http://tokyo.andaz.hyatt.com/ja/hotel/news-and-events/news-listing/Rooftop_Yoga_Event.html

新宿グランベルホテル「テラスG」


こちらのホテルは、新宿の歌舞伎町にあり、こんなところにおしゃれなルーフトップバーがあったのかと思うほど、そこまで知られていない穴場スポット。周りはホストクラブや、キャバクラ、ガールズバーなどがひしめく中、グランベルホテルを目指し、ひたすら向かうと、整然とされた緑が生い茂るエントランスが目印。中に入り、13階がテラスGと呼ばれるルーフトップバーだ。

インテリア、空間デザインはキッザニア東京や代々木ヴィレッジなど都内有名スポットを手がけたUDSが監修。非常に洗練されたデザインで、ここが歌舞伎町とは思えない幻想的な空間演出が魅力的だ。こちらは、国内で活躍するDJを呼んで週末にかけて無料のDJイベントが開催されている。
不定期ではあるが、海外のDJがプレイされるなんてこともあり、良質の音楽を聴きながら、飲むお酒は最高だろう。音好きにはとてもいい空間なのでは思う。公式サイトに随時情報が掲載されているので、気になる方はチェックしてみるとよい。
http://www.granbellhotel.jp/shinjuku/info/

目黒CLASKA「ルーフトップテラス」

こちらも新宿グランベルホテルと同じUDSが内装を監修。場所柄、都内のクリエイティブ界隈の人やアーティストなど自ら発信する人が集まる場所でもある。場所は目黒通り沿いではあるが、駅からは離れているので、アクセスには車やバス、自転車が便利である。

CLASKAは多目的な商業施設として、カフェダイニングやホテル、伝統工芸品のギャラリーショップから多目的イベントスペースなど、用途によって使い分けられる非常に面白い場所である。

様々なクリエイターやウェディングを挙げる人まで、これほど業界を超えて集まるような場所もなかなかないかもしれない。

その9階屋上にルーフトップテラスがあり、開放感あるスペースを館内利用者は無料でくつろぐことができる。空中庭園みたいな感じで、見晴らしのよいスペースとして人気がある。撮影や交流会などもできるとのことで、イベントを行うのも最適だ。

中でもおすすめなのが、「ルーフトップシネマ」という屋上での映画鑑賞がとてもユニークでいい。
今年で7年目を迎えるCLASKAきっての名物イベントとなっている。映画館で見るのもいいが、開放感たっぷりのルーフトップで上映される映画もなかなかのもの。
お酒やルーフトップシネマゆかりのカレー屋台もあるので、お食事がてら映画を堪能するのもいいだろう。今年の詳細は以下のサイトにも掲載されている。
http://claska.com/news/2015/07/claska_2015_vol3.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です