カテゴリ: 大人の嗜みガイド

Thumbnail Photo Credit to mrhayata (on Flickr)

すだれとは

すだれとは竹を重ねて編んだもので、日よけや部屋の仕切りとして使われてきた。古くは万葉集にその名を見ることができるほど、昔から日本人の生活と馴染んできた。

すだれのなかでも特に、植物の葦を使って作られた大型で外に立て掛けるものを、よしずという。こちらも古くから使われてきた。

もともと日本の家屋は屋根が広かったため、このすだれ・よしずと組み合わせることでかなりの日影を作ることができた。
また、カーテンと違って隙間があるため、影を作りながらも風通しは悪くない。

湿度が高く、蒸し暑い日本の夏にぴったりな暑さ対策だ。

文化に根付いた道具

簾は少なくとも奈良時代から、ほぼ現在の形で日本に存在していたとされる。平安時代は「御簾」とされ、丁寧に装飾を施したものが貴族に愛用された。高校時代、古文で見たことがある人も多いのではないだろうか。部屋の仕切りとして使用され、覗き見だったり、逢瀬だったり、相手が見えぬ恋を演出する重要な道具だったとされる。

ひなびた竹や葦から作られ、光を遮りながらも美しさを作り出す簾は、日本人のメンタリティに近いものがある。たとえば、評論家の森本哲郎は、すだれを「日本人の美意識をそのまま体現した用具」と語っている。(日本人の暮らしのかたち)

生活に深く根付いたからこそ、「文化」に痕跡が見えるのがすだれなのだ。

すだれで涼しい部屋を

そんなすだれだが、インテリア・エクステリアとして今でも根強い人気を誇る。しっかり日差しを遮りつつも、風を通す。近年の猛暑と、ナチュラル素材ブームも相まって、見直されているのだ。
ほとんどが西洋風となった現代でも、少しだけ和のテイストを入れるために取り入れる人が多いのだ。

欧米でも、"Bamboo Blind"として、インテリアとして定着しつつある。カーテンと併用して、日中の日除けに使っているのだ。西洋風の家具と相性が悪いかと思いきや、白を基調としたカーテンには驚くほどフィットする。

有効活用するには・・・

すだれを有効活用するには、風通しをしっかりと考えた配置をするのが良い。
まず、すだれは窓の近くに置きすぎないこと。ぴったりおいてしまうと、風通しの良さが半減してしまう。少なくとも10cm程は離して使おう。
部屋の窓は、対角線であけるのがベスト。防犯上大丈夫なら、二か所以上窓を開けるのが効果的だ。
扇風機を併用してもよい。

すだれの一番の役目は日を遮ること。だから、基本的には日が入りにくい北側の窓に置く必要はない。
逆に風を遮ってしまうこともある。日の当たる南側を中心に使うとよい。
外出する際、日中はすだれをかけて、日が入らないようにしておくと効果はさらに上がる。

日中であれば、クーラーの効果を上げることも期待できる。

すだれは日差しを遮り風通しも良い、一石二鳥といわれる。
しかし、見た目的にも涼しいし、おしゃれに使うことだってできる、一石三鳥とすら言える。

長く使われてきたものには、それだけの理由がある。
たまにはエアコンではなく、昔ながらのすだれで涼をとってはいかが。

関連タグ

タグから記事を探す

 次の記事へ 
編集部 y.hatakeyama

お酒と音楽。

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP