カテゴリ: ウイスキー

まず初めに知っておきたい。ブレンデッドとは。

蒸留したお酒を樽で熟成することで作られるウイスキー。
一つの蒸留所で作られていて、その原料をモルト(大麦麦芽)のみで作ったのがシングルモルトのウイスキーである。
対して、様々な蒸留所のモルトウイスキーを混ぜて味の特徴を出し、さらにグレーン(主にトウモロコシなどの穀物)を加えて作ったウイスキーがブレンデッドウイスキーだ。

安定供給を可能にするためであったり、値段を抑えるためであったりと色々なオトナの事情があるのだが、総じてグレーンとモルトを混ぜ合わせたウイスキーをブレンデッドウイスキーと呼んでいる。(本当はもっと、歴史的な背景もあったりするのだが…)

安いだけではない、ブレンデッドの魅力

手に入りやすい価格でシングルモルトに比べて癖のない味わいのものが多いブレンデッドウイスキー。
万人に受ける要素を持つという意味では、バランスのとれた言わば守りのウイスキーであると考えてもいいのかもしれない。
けれどそれは逆に多くの味わいをその中にひそめているということと同じでもあるため、ウイスキーの持つ味の特徴が分かるようになってからもう一度味わってみると、より一層複雑に絡み合った味を理解することが出来るウイスキーでもあるのだ。

今回は簡単に二本の有名かつ完成された存在であるスコッチのブレンデッドを紹介する。
どちらもスコッチの世界を凝縮したような一本だ。

ジョニーウォーカー・ブラックラベル

お値段は2000円ほど。
手に入りやすく、安価で美味しいブレンデッドとして評価が高い。
ピート香、潮の風味、蜂蜜のような甘さ、ほろ苦さ、など、銘柄によって様々あるスコッチの特徴を上手く一本のウイスキーにまとめた逸品。
ストレートやロックで飲んでよし、水や炭酸などで割ってよし。一つのお酒で色々な飲み方をして、その味の移ろいを感じて頂きたい。

フェイマスグラウス

お値段は1500円ほど。
やや日本での知名度は低いがおススメしたいブレンデッドウイスキー。
バーではお見受けすることがあるのではなかろうか。
さまざまな原酒をブレンドした後にもう一度樽で熟成させる手法を取ったブレンデッドで、レーズンに例えられるようなフルーティな甘い香りがある。味わいはスパイシーな辛さとグレーンの甘さが相まって、なかなか飲みごたえのある一品。初心者だけでなく、通も頷く香味を持ったウイスキーだ。
ジョニ黒と同様、どんな飲み方でも楽しい。

本当に大切なのは自分の舌で味わい、好みの味を発見すること。

実際の値段を比較すれば分かる通り、フェイマスグラウスにワンコイン足せばジョニ黒が買えてしまう。
だからジョニ黒の方がいい。とはならないのがウイスキーの面白いところ。
ブレンドしている蒸留所の香味を引き継いでいるので、。
それを苦手と感じる人は、値段や他人の評価を気に留めずにフェイマスグラウスのようなスコッチを飲めばいい。

そして、より癖のある味を求めるようになったとき、馴染んだブレンデッドの中に多く配合されている蒸留所のモルト(キーモルトという)に手を出してみることをお勧めしたい。

そこら辺の話はまた今度。

続きはこちら……

関連タグ

タグから記事を探す

 次の記事へ 
編集部 岡田悠吾

ウイスキーが深まる季節がきました。

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP