カテゴリ: ウイスキー

ウイスキーに合うおつまみ=人それぞれ。

「ウイスキーに合うおつまみって何?」と聞かれた時ほど答えに窮する瞬間はない。


ビールに枝豆、焼酎にもつ煮、赤ワインには牛リブロース。世の中のお酒にはすべからく、食べ物との組み合わせがほんわかと設定されているが、ことウイスキーに関してはあまりそういった話を聞かない。
(昨今ハイボールは脂っこいものと合うと持てはやされてる例はある。)

自己流の考えを言えば、「そんなもんはねぇ。」である。


「ウイスキーに合うおつまみ」なんて質問を投げかけられた矢先には、
バーテンダーよろしく、その質問の主のパーソナリティについて考え込んでしまうのだ。
食事時なら、さっきまで何を食べ、何を飲んでいたか。
普段の会話でならば、そもそもの食の好みはなんだったかと、記憶をたぐってしまう。
ニューロンは最大速度で海馬を駆け巡る。(当社比)

もし質問される飲み物がハイボールだったら、もうビールの仲間みたいなものである。焼酎の炭酸割ともやや近いかもしれない。
そこらへんは等しくビールに即したおつまみを提示するだろう。

けれどウイスキーとなると、話は別だ。
固定観念に縛られていないこの現状だからこそ、幸か不幸か、ウイスキーを賑わすおつまみに関して胸を張ってこれ!と断言できない。

ウイスキーに合うおつまみ。
それは実際「ケースバイケース」である。
飲んでいるウイスキーの種類にもよるし、そこがどういう場かにもよるのである。
少なくとも個人的に、そう考えている。

なので今回は、飲み方を中心にそれぞれのおつまみを見ていこう。

ストレートで飲むウイスキーに合わせたいもの

これはあくまでウイスキーをメインで味わいたいシチュエーション。
基本的に食後酒としてのウイスキーをイメージしてもらいたい。例えばオーセンティックバー、ショットバー等であろう。家飲みもありえるか。
飲みなれた相棒の、違う側面に気付くための「遊び」としてのつまみを紹介したい。

初めて口にするウイスキーをストレートで飲みたい時は、味わいに集中するために事前に出されたお通しやお酒の味をリセットしたい。
そんな時は何も載っていないクラッカーを一枚頬張ってみると良い。
一口で食べ、口の中の水分をすべて持って行ってもらう。そうすると不思議と口の中に広がっていた後味が無くなるのだ。(これはほとんど裏ワザみたいな遊びだけれど)

ナッツ類

適度に塩味のついたナッツはあまりノイズにならない。
やや合わせづらいのは、
ローストアーモンドくらい香りが強いもの。
くるみも渋みがあるので、そのあとに舌が苦味を感じやすくなるだろう。

ドライフルーツあるいは生フルーツ

これはあえて、華やかなシェリーが香るマッカランやフェイマスグラウスにぶつけてみる。
先にフルーツ(ブドウ系)を食べておくことで、それ以外の香味を酒から見つけるという遊び方。
これがなかなか面白い。やや香りが強めだと思う様々なフルーツで試してみることをお勧めする。

ジャパニーズやアメリカンなどのロックに合わせたいもの

イメージはダイニングバー、居酒屋。
どーしてもハイボールでは我慢ならず、ウイスキーが飲みたくなった時のシチュエーション。
上同様まったりとした家飲みも含まれるか。

ACCETORY編集部の「白州」評もご一緒に……

チョコ

特にバニラ香があるウイスキーとはピッタリである。
バーボンなどの甘い香りとマッチしたえもいわれぬ組み合わせ。

和食、特に煮物がいい。

意外かもしれないが、和食と合わせるのは悪くない。
和食というと間口が広いが、塩味と甘味が絶妙にマッチしているものとよく合う。
中でも煮物やおでんなどがそれにあたる。食べ慣れた和の味にウイスキーの香りをそっと添えるイメージだ。
そして氷が溶けていくとともに、煮物本来の味が徐々に強まってくる。寒い季節にぜひ一度はやりたい合わせ方だ。

西洋風に攻めるなら、シンプルで、香りが強烈でない料理などに。

これは洋の東西を問わずだろうが、香辛料などで香りづけが強烈なものを味わいたい場合は、ハイボールくらいの濃度が丁度いいだろう。
ウイスキーはあえて生臭い料理とぶつけてその臭みをかき消す……といったことが得意ではなく、ウイスキーの香りの外から生臭さが香ってくるのだ。そのような組み合わせでは美味しく飲むことは難しいだろう。
アペタイザーやアンティパストをあえて食後のウイスキーの肴に、なんてやり方がよいのではないか。
チーズやサラミ、生ハムなどをつまみながらちびちびやろう。

その他にもあるのだけれど……

スモーキーなモルトに燻製が似合うとは限らないし、
カキとボウモアの組み合わせも好みが分かれる。(個人的にあれは最悪。)
また、チーズなども種類によってどのウイスキーなら合うかバラつきがある。
ボトルまで指定した形で、後日お届けできたらと思う。

個人的な感覚になってしまうが、何かしらのヒントが得られたら幸いである。
既成概念に捉われず、色々なおつまみ、食との掛け合わせを試行錯誤してほしい。

関連タグ

タグから記事を探す

 次の記事へ 
編集部 岡田悠吾

ウイスキーが深まる季節がきました。

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP