知っておきたい、食前酒と食後酒の選び方

食前酒と食後酒の選び方、ご存じですか?

先日、バーに行った時「このお酒はどのタイミングで飲むのが正しいんだろう」としばらく悩んでしまった。食前酒、食後酒というくくりがあるのはなんとなく知っていたが、バーで少し食事をしながら飲むお酒がわからなくなってしまったのだ。 (普段バーなんてさんざん飲み食いしたあとしか行かないからね)
言い訳はさておき、食前酒・食後酒の選び方の基本を書いていこうと思う。

食前酒

よく映画で、食事を前にしてシャンパンを持って談笑しているシーンを見かける。シャンパンは、食前酒として定番のもの。
アルコール度数が低く、炭酸が入っているため、食欲を増進させ会話を弾ませる効果がある。

実はシャンパンのような、「低アルコール」「発泡性のもの」「甘すぎない、すっきりした味わいのもの」
というのが、食前酒のポイント。最初から強いお酒を飲むと、食べる前に酔っ払ってご飯が進まないし、何より胃を痛めてしまう。胃に「適度な」刺激を与えてくれるものを選ぼう。

具体的には、シャンパン、ビール。カクテルで言うと、キール、ジントニック、カンパリオレンジ、スプモーニあたりがおすすめ。
ちなみにカクテルの王様と言われるマティーニはヨーロッパでは食前酒と分類されるが、アルコール度数が40弱ある事もザラなので、よっぽどお酒に強い人でなければ食前に飲むのはおすすめできない。
バーに入って一杯目にさらっとマティーニを頼むような人には憧れるが・・・。

カクテルの王様「マティーニ」

食事中

 

食事中は、食事に合うようなお酒を飲んだらいい。ワインやビール、ハイボールはもちろん、カクテルだったら味の強すぎないもの。甘すぎないもの。つまり、食事の邪魔をしてしまわないもの。
そう。実は食事中の飲み物を選ぶ基準は、食前酒とかなり近い。もっとも、パスタにはワイン、揚げ物にはビール等、食事中のお酒は決まっている人も多いかもしれない。
これは正直、料理次第。

食後酒

食後酒として有名なのは、ブランデー辺りだろうか。日本人はあまりお酒に強い人が多くないため、食後酒という習慣にはやや違和感があるかもしれない。(日本のお酒は食前・食事中に合うような味のものが多いのだ。)食後酒には基本的に、甘いモノかアルコール分の強いものが好まれる。どちらも満腹感を抑え、消化を推進する働きがある。
また、食後すぐに席を立たず、少し座ってゆっくりするのが体に良いとされている。そういった理由で、食後酒は強かったり甘かったりするお酒と相場が決まっているのだ。
ちなみに、アサヒ飲料のホームページに、これはどうやら「食前酒の成功を妬んだ蒸留酒業界が仕掛けたもの」とある。いずれにせよ、食前に甘いお酒は食が進まなくなるし、強いものでは胃が傷んでしまうから、理にかなっているといえるだろう。

カルアやブラックロシアンなどの甘くて少し強いものや、フルーツブランデーなんかがぴったりなのではないだろうか。後は、酒精強化ワインであるポートワインとか、デザートワイン・貴腐ワインなんかも食後酒とされている。

食後に強いお酒を飲むと、胃がカッと熱くなってもたれがすっきりする。これは経験上かなり心地よいので、試してみてほしい。

ブランデー「Remy Martin XO」

要は、甘すぎず強すぎないお酒を食前、甘く強いお酒を食後に飲むのが基本ルールということ。ただ、これはもちろん絶対ではない。好みによっても食事によっても変えたらいいと思う。ウイスキーだってブランデーだって、食前に飲んではいけないなんていうルールは全く存在しない。
しかしながら、知っていると知らないでは結構違う。できれば基本ルールを知っておいたうえで、自分なりの飲み方を身に着けていってもらいたいところだ。
ただ、くれぐれも飲み過ぎにはご注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です