安い!おいしい! 1000円以下の高コスパ白ワインおすすめ7選 

高コスパワイン第二弾は白ワイン編。白ワインのほうが、赤よりも安い値段でいいものが変えるし、なにより和食との相性もなかなか良いのだ。

飲めないくらいの赤ワインはあるけれど、飲めないくらいの白ワインはそこまでない。

前回の赤ワイン編につづいて、今回は白ワイン編をお届けしたい。

安い!おいしい! 1000円以下の高コスパ赤ワインおすすめ7選  – ACCETORY [アクセトリー]

冒頭の説明文にも記したように、安い価格帯だと、赤よりも白のほうがすぐれたものが多い。
もちろんすべての白ワインがすぐれたものである、そう断言することはできないが、とはいえ赤ワインよりあたり率が高いのはたしか。
赤のほうが人気は高いけど、これを機会に白ワインの魅力に気づいてみるのはいかが?

ワインのそもそもの選び方についての記事はこちらから。

ド定番、コノスル シャルドネ ヴァラエタル

安旨ワインのド定番コノスルの、これまた定番のブドウ品種シャルドネ。
シャルドネという品種は、作り手や土地によってまったく味を変える、非常につかみにくい品種(プロのソムリエのブラインドでもしばしば間違えるほど)
そんなこの品種の特徴がわかりやすく表れているのがコノスルのこちら。けれんみのない親しみやすいフルーティさは、万人受けする飲みやすさを裏付けている。

価格は700円程度

レ・ドメーヌ・ポール・マス クロード・ヴァル ブラン

クロードヴァル、赤も実に美味いが白はそれに輪をかけて美味い。
千円以下の白ではいちばん好み。
グルナッシュ・ブラン、ヴェルメンティーノ、シャザン、モーザック、ソーヴィニヨン・ブラン、シュナン・ブランとなんと六種類ものブドウ品種を使用しながら、それぞれの良さを引き立て調和を保つ、そのバランス感覚には喝采を送るしかないだろう。
きりっと冷やしてごくごくと飲むもよし、すこし高めの温度で(10度くらい)のんでもバランスよし、グラスを回せば様々なニュアンスが感じられて誠に心地よい。
一歩間違えれば散漫で耐えがたい不調和音を奏で始めるであろう、ぎりぎりのラインを保つことでこんなにも素晴らしいワインができるのか、と思う。

飲みやすく、飲み飽きない、白のテーブルワインの定番だ。

価格は800円弱

ボルサオ・クラシコ・ブランコ

スペインの本領は、赤ではなくむしろ白において発揮されると思うのは筆者だけではないはずだ。こちらのボルサオ・クラシコ・ブランコもその期待を裏切らない仕上がり。もちろん高級ワインのような複雑さは望めないものの、すっきりとごくごく飲めて、特に夏にはぴったり。

またマスカットを使用していることも、華やかな香りを形成するのに一役買っている。
女性にもおすすめできる一本だ。

価格900円程度

パンゴリン ソーヴィニヨンブラン

千円以下でソーヴィニョンブランを見つけるのはなかなか難しい。千円台後半だせるなら、ニュージーランドにいくらでもいいワインがある。
とはいえこちらのワインもなかなか捨てたものではない。最初はソーヴィニョンブランらしからぬ、甘みのあるフルーティさを、グラスをまわして空気を含ませれば、品種特有の青リンゴのような香りが立ち上ってくる。
なにかと最近話題の南アフリカワイン、ためしてみては?
価格は900円弱

ツェラー カッツ ブルーボトル

可愛らしい黒猫のラベルでおなじみのこちらのワインは、「ドイツワイン=甘口」という認識を植え付けたワイン。甘口、フルーティで実に飲みやすく、また開けてから数日たっても問題なく飲めるうえ、低価格の甘口ワインにありがちな、妙な化学感のない秀逸なワイン。

価格は800円程度

テッレ・デル・ノーチェ ピノ・グリージョ

ピノグリージョを使用したこちらのワイン、なんといっても水のようにすいすい飲める爽やかさ、飲みやすさと、大体の料理と合わせても問題ないオールマイティさが魅力だろう。
大体どんな料理に合わせても邪魔することなく飲めるが、軽快な酸味が特徴だから、レモンを絞るような料理との相性は抜群である。
白身魚のムニエルや鶏肉のポワレ、オイルベースのパスタと一緒に飲みたいい一本。

価格も800円程度とお得

モランド アスティ・スプマンテ

最後に紹介するのはスパークリング白。
マスカットを使用したイタリアのスパークリング、アスティだ。
マスカットを使用していることからも分かるように、甘口で非常に芳醇な香りをたたえた最高のデザートワイン。
女性にも非常におすすめ。
デート先のレストランのワインリストに載っていたら迷わず注文しよう。
また、アルコール度数も7%前後と高くないため、飲みすぎによる失態も起こりにくいのではないか。

生ハムやイチゴなどのフルーツと食べると、相互に引き立てあってマリアージュの妙を実感できるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です