カテゴリ: ウイスキー

ウイスキーの飲み方色々

わざわざカクテルにせずともウイスキーには色々な飲み方がある。
それは多様な楽しみ方があることの裏返しでもあるのだが、どれが一番おいしいか、などという最強決定戦をしばしばやりがちである。
今回はそんな揉め事はうっちゃって、カタカナの群れを理解して覚えようという知識編。
ウイスキーの色んな飲み方を見ていこう。

水割り

水と氷を入れたグラスにウイスキーを注ぐ飲み方。
キンキンに冷やした水に氷を加えて混ぜ、水を一際冷たくした状態でウイスキーを加えることでしっかりと冷えた水割りを飲むことが出来る。
クセの強すぎるウイスキーを自分好みの濃度にすることも出来るし、食事時のお供として飲むために利用しよう。

ハイボール

日本でも親しみのある飲み方。多くの人がウイスキーをこのスタイルで飲んだためしがあるだろう。
総じてバーで頂くことの出来るハイボールは濃い。多くはウイスキー:炭酸水で1:2の割合で提供されることが多く、面食らうかもしれない。けれどじっくりとバーで飲むならこのくらいの方がちょうど良かったりする。
食事時に飲む際は1:4くらいにまで濃度を薄めた方が飲みやすいし食事にも合うだろう。
酸味が出てくるので、水割りと使い分けるような考えで味わおう。
最高に美味しいハイボールの作り方についてはこちらの記事に書いてある。
ぜひ読んでみてほしい。

オンザロック

言わずと知れたウイスキーの代名詞とも言える飲み方。ゆっくりと、慣れ親しんだ一つのウイスキーで味わいたい飲み方。
オールドファッションのグラスに大きな氷とウイスキーを入れ、少しステア(混ぜる)。
氷はもちろん透き通った丸氷で。これはもっとも氷の溶けにくい形でもある。
見た目重視でブリリアンカット風の氷を配してくれるバーも増えてきた。
綺麗なので、丸氷とは甲乙つけがたい。

ウイスキーミスト

前述のロックの派生。
あえてクラッシュアイスでウイスキーを飲む方法だ。
レモンのピール(皮)や果汁で香りづけをすることもある。
ゆっくりじっくりというよりは、キンキンに冷えたウイスキーをサラッと飲むイメージ。
おススメのウイスキーはスコッチのブレンデッド。

トワイスアップ

ウイスキーと常温の水を1:1で合わせる飲み方。
ウイスキーのブレンダ―やバーテンダーたちが、ウイスキーの香味を見る時によく用いる。
通な飲み方だと言えばその通りだが、テイスティング(味を見ること)の意味合いが強いため、個人的にはストレートで飲みたいと思ってしまう。

ストレート/ニート

冷やさず薄めず、ウイスキー本来の味を楽しむ方法。
ウイスキーの本場スコットランドではニート(気ままに)という呼び名が用いられることもあり、稀にバーなどで耳にすることもある。
取っつきにくいものの、特に若い年代を中心に支持されている飲み方。
度数が高いのでチェイサー(片手間に飲む水)も忘れずに。

飲み方を知ったのなら銘柄についても合わせてどうぞ!

関連タグ

タグから記事を探す

 次の記事へ 

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP