カテゴリ: ワイン

そもそもボジョレー・ヌーヴォーってなんなの?

フランス・ブルゴーニュ地方のボージョレ地域で造られる、その年に収穫されたぶどうをその年に仕込む、フレッシュな「新酒=ヌーボー」です。

引用: www.sapporobeer.jp

ブルゴーニュといえばフランスでも指折りのワイン産地。そのブルゴーニュのボジョレーという地区で生産された、ガメイ種のブドウを使用した新酒を指してボジョレー・ヌーヴォーという。
フランス語でつづればBeaujolais nouveau、日本語表記については「ボジョレー」だったり「ボージョレ」だったりと、まだまだ安定していない。フランス語で発音すれば「ボジョレ」(ボとブの間くらいの音)が一番近いが、本記事ではボジョレーと表記する。

ボジョレー・ヌーヴォーの製法

ボジョレー・ヌーヴォーは、もともとその年の葡萄の出来を判別するためのワインという側面が強かったから、ほかのワインより簡単で早く出来上がる手法をとっている。
それがマセラシオン・カルボニックである。

日本語に訳すと「炭酸ガス浸潤法」といいます。通常は収穫したぶどうを破砕してから発酵させますが、マセラシオン・カルボニック法では、破砕せず縦型の大きなステンレスタンクに上からどんどん入れてしまいます。タンクの下の方のぶどうは重さでつぶれ、果汁が流れ出て自然に発酵が始まります。発酵が始まると炭酸ガスが生成されますから、次第にタンク全体が炭酸ガスで充満します。その中ではつぶれていないぶどうの細胞内部で酵素の働きによってリンゴ酸が分解され、アルコール、アミノ酸、コハク酸などが生成され、ぶどうの皮からも成分が浸出します。この方法で造ったワインはタンニンが少ないわりには色が濃く、渋みや苦味が通常のワインより少なくなります。リンゴ酸も分解されるので、味わいもまろやかになり、炭酸ガスによって酸化が防止されるのでワインがフレッシュに仕上がります。

引用: www.sapporobeer.jp

このような説明文を読むと「なんだか難しそうな製法だ」と思われるかもしれない。
ところが実際はその逆で、むしろこのマセラシオン・カルボニックは、非常にプリミティブな製法。

すごくわかりやすく言うと「樽の中にいっぱい葡萄を入れていたら、気付いたらお酒になっていた」という程度のもの。

最近ではボジョレー・ヌーヴォー以外でもこの製法に注目する作り手が増えているという。フレッシュで飲みやすく、かつ葡萄本来の奥行きが感じられるワインに仕上がるので、繊細で軽やかなワインを作りたいときには向いている。

ボジョレーの味はどんな感じなの?

ボジョレーの味わいは前述したように、フルーティでカジュアルなもの。
普通の赤ワインと違ってタンニン(苦味)が少なめだから、きりっとひやして(白ワインくらいの感覚で)ごくごく飲むのがちょうどいい。
基本的には「今年も無事にワインがとれたね、よかったね」という祝祭の色合いを強く持っているものだから、あんまり気取り過ぎないで、仲間とワイワイガヤガヤ飲むのが丁度いい。

合わせる料理もさっぱりとしたものを選びたい。基本的には料理の味を邪魔しないお酒だが、例えば牛頬肉の赤ワイン煮込みのような重たい料理と合わせると、ワインが負けてしまう。マグロのカルパッチョなんかとあわせてもいいんじゃないだろうか??

ボジョレー・ヴィラージュ、クリュ・ボジョレーとは?

ボジョレーワインの中には、ボジョレー・ヴィラージュという名を名乗ることが許されている銘柄もある。
ボジョレーを作ることのできる地域の中でも限られたおよそ50の村で作られるワインがそれに当たる。


2016年の解禁日は?

実はボジョレー・ヌーヴォー、解禁日が11月の第三木曜日と毎年決まっている。だから今年の解禁日は11月17日だ。

いまは日にち固定ではないボジョレー・ヌーヴォーの解禁日、昔は11月11日で固定されていたという。(諸説あり。説によっては11/15のものも多い。)フランスで「サン・マルタン」という聖人の記念日にあたるこの日を、毎年ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日にしていたのである。
ところが解禁を日で固定してしまうと、年によっては土日にかぶってしまうため(フランスでは土日は業者やレストラン等も休日)、曜日固定にしたのだという。

2016年11月1日更新

関連タグ

タグから記事を探す

 次の記事へ 

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP