フレッシュネスバーガーで500円生ハム食べ放題してきた -質も高めで割とサイコー

ファーストフードの中でも高価格帯に位置するフレッシュネスバーガーが、ちょい飲み企画として「生ハム食べ放題500円」をやってるってしってた?? 今回編集部は実際にフレッシュネスバーガーに赴いて、食べ放題してきた。

フレッシュネスバーガーがちょい飲みスタート! その名もフレバル

牛丼の吉野家が始めた「吉飲み」を嚆矢として、今ブームになんているとさえ言える「ちょい飲み」。
ファーストフードチェーンの「フレッシュネスバーガー」が満を持して参戦、しかも生ハム食べ放題が500円という驚きの安さで勝負に出ているという。

実際に行ってみたら……

生ハムといえば我々庶民にとってはなかなかの高級食材、それが500円で食べ放題なんて……と期待半分で出かけたのはフレッシュネスバーガー神田須田町店。

店頭にでかでかと掲示されている

アルコール類をご注文のお客様限定とのことなので、赤ワインを注文、生ハムが運ばれてくるのをしばしまつ。
するとあらわれたのがこちらの生ハム。
写真を見ていただければわかる通り、なかなかの本格的な生ハムだ。

赤ワインはカルフォルニア産とのこと。

500円というから、てっきりスーパーやコンビニでよく見かけるようなこういうタイプの生ハムが出てくるかと思いきや、しっかりと塩気の効いていて、なおかつ生ハム特有のナッツ感もそこそこに感じられるというなかなかの逸品が出てきたのである。

こういう生ハムも、どうしてなかなか侮れない。ちょっとバーナーであぶってやると、まことにおいしいのだ。

すぐさま食べきって二皿目をおかわり。
なんで生ハムってこんな美味いんだ……
この質の生ハムが食べ放題500円ってのは、割とマジで驚きな安さ水準(しかも大手ファーストフードチェーンで)だと思うんだけど、普通に単品で頼んでも300円。安い。
これ、いくところいけば1,000円以上とられるんじゃないだろうか。
こういう↓木の板に乗っかって出てくるおしゃれなところとか。

そりゃもちろん、最高級の生ハムとはいかない。香りも食感も、客単価10,000円以上のリストランテの2,000円の前菜盛り合わせに一欠片ついているようなシャトーブリアン級の生ハムに比べれば落ちるに決まってる。

でも、口の中でとろける脂、ほどける香り、これが500円だと思うと驚異的な価格努力を感じないか。

3皿目。
ここでワインからコーラに切り替えてさらに食べ続ける。

コーラと生ハム、これが実によく合う
ワインやビール、ほかのいかなる酒よりも、コーラが一番生ハムに合う、というのが持論なので、2杯目はワインではなくコーラ。

まずは生ハム。けちけちとかじらないで、1枚丸ごと、ふんわりとした生ハムをほおばってみてほしい。
その時点ですでに生ハム独特の胡桃のごとき香ばしさ、まったりとした脂身が、口の中で甘みに転化しつつ、柔らかに塩気を包み込む様を感じられるはずだ。

香りを立たせるようにゆっくりと噛んで嚥下したら、すかさずコーラを飲む。

そう、これこそがマリアージュだ。

口の中にのこる生ハムの塩気とコーラの甘みが絶妙にマッチし、炭酸が油を洗い流す。
コーラのアメリカンな赤いロゴからは想像できないほど繊細なバニラの香りが、生ハムのおだやかなナッツ感と相まって、ピスタッチオを振りかけたバニラジェラートを食べているような気分になりはしまいか。

そして極めつけは、ひとしきりの饗宴が終わった後に残るコーラの微かな柑橘感、酸味。

たまらねえ……

これを読んでいるあなたも生ハム食べるときはコーラを合わせてみてくれ。赤ワインを頼むのはニワカだ。

四皿目

五皿目かな……

その後も四皿、五皿と順調に皿を重ねていったのだが、正直言うと、段々と飽きてきた。生ハムなんてそんなに大量に食べるものではないのだろうか。

とはいえ二皿食べれば十分元が取れる上に、そもそもの価格が激安だから、さくっと食べて飲んで、二軒目三軒目を目指す、という使い方は十分に「アリ」だと思う。

提言

最後に、一つだけ提案をしたい。
今回食べ放題した生ハムにおいて、一部乾燥が目立つものがあった。
せっかくしっかりとした生ハムを用意していても、乾燥していては香りが飛んでしまうのは自明。
店舗側の品質管理の徹底を呼び掛けて記事の締めくくりとしたい。

実施店舗などの詳細はこちらのPDFからみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です