カテゴリ: ウイスキー

バーボンとはどんなお酒なのか、どんな飲み方をしたらいいのかについてはこちらをぜひ。

アメリカンとバーボンの違いって?

アメリカンウイスキーとバーボンの違いは、そのくくりの広さにある。
アメリカンウイスキーは、その名の通りアメリカで造られるウイスキー全般のことを指す。
本来であれば、ウイスキーは大麦のモルトを用いて造るモルトウイスキーと、
その他の穀物から造るグレーンウイスキーとがある。
アメリカンウイスキーは基本的にグレーンウイスキーが多く、
グレーンウイスキーの区分を細分化しているという特徴がある。

バーボンウイスキーはその区分の一である。
定義としては原料となる穀物の中にトウモロコシが51%以上含まれていて、内側を焦がした新しい樽で熟成したものがバーボンを名乗ることが出来るのだ。

同じアメリカン内の似た区分にコーンウイスキーがあるが、こちらは原料に含まれるトウモロコシが80%以上であり、ウイスキーとしての熟成を行わなくても良く、内側を焦がした新しいオーク樽で熟成してはならないと定められていて、大体似たようなものであってもキチンと住み分けが為されている。

また、ジャックダニエルのようなテネシーウイスキーはバーボンの中にある細かな区分であり、
テネシー州で造られ、蒸留直後のウイスキースピリッツをサトウカエデの木を原料に作った炭で濾過することが義務づけられている。その他にはバーボンとの大きな違いは無い。


色々な区分があって混乱するとは思うが、
まずは一つ、アメリカンウイスキーの中の一つにバーボンウイスキーという区分が存在する。
ということを覚えておいていただきたい。

バーボンの良さとは。

その他の国のウイスキーと比べて、アメリカンウイスキーは原料にトウモロコシを多く使っている。
大体一本当たりの主原料の51%~80%にかけてがトウモロコシである。
その特徴は香りや味にも現れ、アメリカンウイスキーの個性を担っている部分でもある。
また熟成年数も非常に若いのが特徴で、しばしば荒々しい味わいなどと評されるように、香りの甘さに反して、アルコールの辛さが舌を強く刺激する。
一般的に言って、スコッチやジャパニーズなどと比べると飲みにくい部類である。
しかし、その癖のある味わいが多くの酒好きを魅了してやまないのも事実。

今回はそんなバーボンの中でも比較的飲みやすく、完成度の高い5品をご紹介する。

フォアローゼス ブラック

甘く滑らかな舌触りでバーボンらしからぬ味わい。洋ナシやプラムに例えられる味わいと一般的に言われている。
香りは味わいに反してややツンとした刺激的なアルコール感が来た後に華やかなバラの香りが微かに。

力強さで言えば、ワンランク下のイエローに軍配が上がるが、一つのお酒としての完成度としてはこちらをおススメしたい。
ストレート、もしくはロックでじっくり飲みたい。

3000円程度。

オールドグランダッド114

114とはプルーフ(アルコール濃度)を差していて、日本の度数に換算すると57度もの高いアルコール度数である。
その高い度数にビビるかもしれないが、意外と飲みやすい。
ライムギの香りが強く、コクのある舌触りと樽のバニラ香とが相まって独特の風合いになっている。
にわかに柑橘系のような酸味もある。
香りが壊れないようにストレートで飲んでもらいたい(余裕があればだが……)

値段は3000円程度。

ブラントン

原酒同士をブレンドしない樽出しをそのまま瓶詰めしているため、個体差のあるバーボン。
ブランデーのような香りが特徴的で、甘くありながらもバーボンとしての力強さを保っている。
古いブラントンほど色が濃く、より力強い味わいがある。

結構お高めなのでグレードの低いブラントンブラックあたりを飲んでも良いかもしれない。
ブラックの方はオリジナルの特徴を受け継ぎつつも穏やかな風合い。

3000円弱といったところか。

オールドフィッツジェラルド1849

メーカーズマークと同じく小麦を使った製法のウイスキーで、それゆえのとろみのある滑らかな舌触り。
パンチが強いというよりは、洋ナシに似た甘みとナッツ感があり、数滴加水するとその甘さが格段に伸びていく珍しいバーボン。高級感、という言葉がピタリと合う。けれど深みと奥行きがあるために人を飽きさせない。

あえなく終売品になってしまったため、バーでも飲めないところが多いのではないか。
2000円前半くらいの値段だったものが6000円前後と、もはやプレミアが付いてしまっている。

ブッカーズ

昨今話題のクラフトバーボンの中でも比較的有名な名酒。
なんとアルコール度数は63度。

バーボンらしい荒々しいドライさがあるにもかかわらず、熟成されたバーボン特有の落ち着きも同居している。オーク樽由来のバニラ香と木本来の香りが魅力的で、不思議とその辛い舌触りを穏やかにしてくれる。
ラベルを見れば分かるが、そのボトルごとに熟成年数や度数が若干違うのでボトル違いを飲み比べても楽しい。

6000円前後とお高めだが、プレミア感たっぷりのクラフトバーボンだ。

バーボンとしては邪道?

確かに美味しいのだけれど、バーボンとしてのアルコールの辛い味わいを求めると邪道なラインナップになってしまったかもしれない。
普段バーボンを飲みなれている人々は、その猛々しくも力強いアルコールの個性が好きだと言っても過言ではない。
高級なバーボンの中にも、もちろんその粗野な辛いアルコールを持った品もあるが、多くは熟成の深みによってそのパワフルな角が取れ、飲みやすさが出てきてしまう。
もちろんそれは一つのお酒として確かに「美味しい」のだけれども、ショットでくいっとバーボンを飲むような愛好家にはそれが物足りなく感じられるであろう。


まぁ、力強くバーボンが基準としてあって、
それとは別に、バーボンの世界観を押し広げるような上記のラインナップもおススメ出来るのではないか。
実はスコッチに引けを取らないくらい、バーボンの世界も奥深いのである。

関連タグ

タグから記事を探す

 次の記事へ 
編集部 岡田悠吾

ウイスキーが深まる季節がきました。

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP