カテゴリ: ワイン

赤ワインは黒ブドウから作られる。巨峰のような、いわゆるブドウ色のブドウがそれだ。
そのようなブドウ色のブドウを、皮ごとジュースにして発酵させるのだ。

そのためブドウの皮が持つ、舌を乾かすような渋みがワインに備わることになる。

白ワイン用のブドウ品種はこちら。

フルボディ、力強くインパクトのあるワインを作る赤ワイン用品種たち

まずはフルボディのワインを作る赤ワイン品種から紹介したい。以下で紹介するようなワインは牛料理や鴨のような肉料理とあわせていただきたい。

カベルネ・ソーヴィニョン

色も濃く味わいも強烈、甘くないカシスのような舌触りを持っている。フルボディの代表的な品種。フランスが主要生産国だが、世界各地で作られていて、もっとも人気が高い葡萄の品種だ。
まさに赤ワインを代表する品種。長期熟成を経て、たぐいまれなる高貴さをまとう。

シラー

シラーをつくって作られたワインは、タンニンや酸味こそカベルネ・ソーヴィニョンに負けるものの、その香りの個性では他の追随を許さない。ブラックチェリーのような華やかな香りに胡椒やシナモンのようなスパイスの香り、特にアメリカやオーストラリアのワインでその傾向が強くなる。

一方でフランスで生産されるシラーは上記のような野性味と繊細さを併せ持った非常に興味深いワインになっている。

テンプラニーニョ

スペインの固有品種であるテンプラニーニョは、土地によってずいぶんと味わいを変える素直な品種だ。スペイン以外での栽培にはほとんど成功例がなく、その点でもスペインに固有のブドウ品種である。

また樽の香りが移りやすく、長期熟成にも耐えるため、ほかの品種とブレンドして高級ワインになる。スペインの国内でも地方ごとに様々な名前で呼ばれており、非常にややこしい。

ミディアムーライトボディ フルーティで飲みやすいワインを作るブドウたち

サンジョベーゼ

イタリアを代表する葡萄品種。イタリアワインでも特に有名なキャンティはこちらの品種で作られており、全体としてミディアムボディの非常に愛嬌のあるワインができる。酸やタンニンも豊かで粗野なところもなく、まるで可愛い町娘のような魅力。

それだけではなく熟成させてもその素晴らしさを失わずに、複雑かつ繊細なワインとなる。また、土地の影響を大きく受ける品種でもあるので、飲み比べてみても楽しい。

メルロー

カベルネ・ソーヴィニョンと同様にボルドーでの生産が多い品種。味の特徴も似ていて、ブラックベリーやカシスのような香りを持つが、カベルネ・ソーヴィニョンに比べるとタンニンや酸味は穏やかである。
飲みやすくフルーティなワインができる。

ピノノワール

最もライトなワインを作るのがこちらのピノノワール。赤ワインを飲みなれていない人にも十分おすすめできるフルーティな品種。梅酒のような、スモモのような華やかな香り、酸味を特徴としていて女性にも人気。
フランスのブルゴーニュのそれは有名。

とにかく繊細で気難しく当たり外れが大きい。その土地の特徴を如実に表してごまかしがきかないため「残酷なブドウ」と呼ばれることも多い。

二大品種と呼ばれるカベルネ・ソーヴィニョンとピノノワール、その性格が正反対なのも面白い。

関連タグ

タグから記事を探す

 次の記事へ 

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP