定番人気のおすすめカクテル5選【バーに行ったら試してみよう】

今回は、バー初心者が飲むべきド定番なカクテル5つをまとめてみた。 正直居酒屋でも飲めるメニューもあるけれど、バーと居酒屋でまるで味は違う。 その「違い」を比べて楽しんでみよう。

ド定番だけどバーごとの違いが分かる5選!!

マティーニ

ドライ・ジンがベースのカクテル。アルコール度数は高いものの食前酒としてよく飲まれることが多い。
カクテルの王様の名を冠する定番中の定番。
オリーブをどこで食べるか、それが問題だ。

レッドアイ

ビール×トマトジュースのカクテル。

さっぱりとしていて度数も低いため、食前でも食後でもイケる。
ウスターソースやハバネロソースなどを入れて好みの味に調節できるバーもある。

マルガリータ

テキーラベースのカクテル。マルゲリータ

特にメキシコのテキーラを使い、オレンジリキュールとライムジュースを加え、
塩をグラスの縁に盛りつけるスノースタイルで配される。
さっぱりした酸味とスノースタイルのおかげで、爽やかで後引く味わいである。

マンハッタン

ライウィスキーにスイートベルモット。ビターズを隠し味に数滴。
夕日のように鮮やかな色合いのカクテルで、カクテルの女王とされている。
由来は諸説あるが、全てニューヨークのマンハッタンがモチーフとなっている。

モスコミュール

正式にはモスコー・ミュール。
オールデイカクテル(食中食後に関わらず飲むことが出来るカクテル)であり、度数が低く飲みやすい。
ウォッカにジンジャーエールとライムジュースを加えたカクテル。
ジンジャーエールの部分は本来、ジンジャービアを使うというが日本では手に入りにくいためジンジャーエールで代用される。

終わりに

これらの選択肢はバーの中ではド定番。
好みの味の傾向が分かったら、そのカクテルと似たものをリクエストしてみると良い。
そうすれば、バーテンダーも味の違いを理解して次の一杯をおススメしてくれることだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です