休肝日の飲み物選びのご提案。―飲みすぎて手遅れになる前に―

そんなに毎日お酒を飲み続けてもいられない。けれど、休肝日に何を飲んだらいいか困る。
お酒が無いと眠れないというあなたに贈る、休肝日を楽しんでみる選択肢。

ただ健康に気を配るだけではつまらないので、色々なものを試してみて、休肝日を楽しんでみよう。

多分このペースでお酒を飲んでいたら良くない。

「私の肝臓は平気です。」などと若さに任せて暴飲を繰り返していては、そのうち身体にガタがくることは必至だ。

世の中には酒におぼれて死ねるなら……。
みたいな人種もいるのかもしれないが、少なくともACCETORY読者の皆には、そんな理由で棺桶に入って欲しくないのである。

ちょっと質の高いお酒をじっくりと向き合い、「味わう」はずが、
いつの間にか酒に溺れていたのでは恰好がつかない。
お酒が好きだからこそ、お酒のみに囚われてしまうことを避けなければならない。

だからこそ、我々はお酒を制する必要があるのだ。

じゃ、具体的にどうするか。

飲まない。と心に決めて、飲まずにいられる方はここでブラウザバックすればいいし、そもそも休肝日だなんてキーワードに興味を惹かれてこのページには来ていないはず。

そう、あなたはれっきとしたお酒の飲みすぎを気にする飲んべぇだ。(筆者も同じ)

飲まないという選択肢をより具体的にするために、いくつかのパターンを考えてみよう。

食事に気を遣う。

この場合の食事とは、主に自宅での夕食。
酒の肴になってしまいそうなものを極力避けようという選択肢だ。
それは例えば、焼き鳥、から揚げ、刺身、etc…
自分のお酒を我慢するセーフティが外れてしまいそうになる料理をそもそも食べないようにしよう。

どんな料理でもお酒と合わせてしまいたくなるあなたは、残念ながら別の方法を探そう。

お酒の割り材を吟味する。嗜む。

例えば、ウイスキーや焼酎を割る炭酸。
これにこだわってみるというのも良い。
カクテルを作るためのシロップ(アルコールは入っていないもの)を持っているのなら、それを炭酸で割ってみる。もちろんそのままでも大丈夫だ。

ちょっと高めの炭酸水やトニックウォーターを探してきて、そのままで味わう。
料理と共に飲んでみる。
たかが割り材だと思って軽んじていたものでも、こだわってみると違いが分かるものだ。
普段の晩酌では知りえないような知識を得て楽しむ。
それは、日々の晩酌に違ったこだわりを添えることにも繋がってこよう。

酒の割り材をして酒の不在を楽しむ。なんだか修行みたいだ。
酒にまつわるものを飲んでいたら意識が酒に向くようなあなたは、ちょっとこちらはご用向きではない。

そもそも違う飲み物を飲む・気晴らしの趣味を見つける

酒への固執が強い人ほど、一ミリも酒の無い生活を試してみるのもアリだ。
一日じっくり、お酒を忘れて何かに没頭しよう。
一番難易度は高いのだけれど。

お酒を飲んでいては成り立たない趣味を始めてみるのも良いかもしれない。
マラソンとかDIY、細かい作業とか。

お酒を飲むのはもちろん構わない。けれど、自分の身体のメンテナンスも兼ねて、飲みっぱなしの状況だけは避けなければならない。
節度を持ってお酒と向き合おうじゃないか。

つまりこの記事を機に、ナイトキャップにバランタインファイネストを4、5杯あおるのは止めよう、という話である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です