白ワインのおすすめカクテル 安いワインを飲みやすくアレンジ!

ワインはアルコール度数も高いため、なかなか一本空ける前に持て余してしまいがち。 そこで今回は、ちょっと手を加えるものからパパッと簡単に作れてしまうものまで、すべてお家で出来る白ワインカクテルを集めました! 色んなアレンジで、ワインをもっと楽しんでみませんか?

サングリア

白ワインにフルーツと砂糖、スパイスを漬け込み、一晩寝かせて完成。

オレンジ、ライム、グレープフルーツなどの柑橘系はもちろん、
キウイやモモ、バナナなども良い組み合わせである。
個人的には洋ナシを入れたものが好みである。
赤ワインのサングリアよりも素材を選ばないので味に違いを出しやすい。

スパイスは赤同様、シナモン、カルダモン、クローブ、スターアニスあたりを入れてみよう。

スプリッツァー ―白ワインを爽やかなカクテルへと変える―

白ワインと炭酸水を割るだけの簡単なカクテル。

香りづけのために、画像のようにアレンジを加える場合などがある。
ヘルシードリンクとしてアメリカで大流行したこともあるとか。炭酸が抜けないように、あまりかき混ぜすぎないようにしよう。

キール ほの赤い色味が綺麗なカクテル

白ワインにカシスリキュールを混ぜるカクテル。
カシスリキュールの量によって甘さを調節する。
辛口なら食前酒(アペリティフ)
甘口なら食後酒(ディジェスティフ)と調節が利きやすいカクテルである。

ほんの少し味を崩さない程度のリキュール量であれば、高い白ワインに添えて出されることもある。

キティと対となるカクテル。ダニエルじゃない。

オペレーター

白ワインにジンジャーエールを合わせるカクテル。

レモンを絞ることでより味に締まりを出すことが出来る。
辛口のジンジャーエールにレモンを加えたいところ。

白は高いもので合わせても良いかも。

サングリア以外は、
味を大幅に崩すことのない(程度やアレンジによるが)ラインナップとなっているため、
ちょっと良いお値段のワインでやっても良いかもしれない。

自分の舌の好みと少し違ったものであれば、オペレーターや、カシス多めのキールに。
酔いが回ってきたときは、スプリツァーで軽くする。
など、自身の好みに合わせて白ワインを調節するような目的でこれらのカクテルを作ってみるのも良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です