ワインのためのタイムマシン -クレ・デュ・ヴァンって知ってる?

長年寝かせておくとワインは熟成しておいしくなる。でもそんなに長く待っていられない! はやくおいしいワインが飲みたい!という方もおられるだろう。そんな方にお勧めなのが「クレ・デュ・ヴァン」。この道具、なんとワインに浸すだけでワインを熟成されたような味にしてくれるのだ。

1秒つければ1年熟成。

クレ・デュ・ヴァンは1990年代初めごろにフランスで発明された革命的なワインツール。

写真のような形状をしており、先端部分をワインに浸すと熟成するという優れもの。
何と驚いたことに、1秒つければ1年分熟成するのだという。

フランス語で「La clef du vin」、ワインの鍵という意味だ。
閉ざされたワインを開くための鍵といったところだろうか。

フランスのソムリエ、フランク・トマと醸造研究者のロレンザ・ザノンが共同で開発したもの。
もともとは、長期保存するワインが、何年くらいで飲みごろを迎えるか、何年くらいでだめになってしまうのか計測するためのツールであったという。

もちろんこれを1秒浸せばそのまま1年熟成ぴったりの味になるわけではない。
あくまでこれは飲みごろ目安なのだという。

例えばワインセラーを持っていて、高いワインを何本か買ったとする。何年くらい寝かせれば飲みごろなのだろう、ということや、逆に何年以上寝かせると味が劣化してしまうのだろう、ということを計測する際にこのクレ・デュ・ヴァンを使うのである。

なぜ味が変わるのか

いったいなんで味が変わるのだろうか。
その秘密はクレ・デュ・ヴァンの先端の赤銅色の金属にある。これは銅と銀と金の化合物であり、それがワインの分子構造に作用することで、熟成されたような味わいになるのだという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です