カテゴリ: ワイン

2000円以下、テーブルワインの価格帯 

まず最初は2000円以下のワインから解説しよう。
このあたりはいわゆるテーブルワインとよばれる価格帯。
スーパーやワインショップでは2000円以下、レストランでは5000円以下のワインである。

500円以下のワイン -激安な価格帯

500円以下のワインで、「ワインとして」よいものを見つけることは不可能だといってもよい。
いわゆる国産ワイン(海外から輸入したブドウジュースを国内で加工しているもの。日本ワインとは異なる)がこの価格帯に当たる。
この価格帯にあるワインは、ワインだと思って飲むから美味しくないのであって、ぶどうの果実酒だと思って飲めばそんなに悪くない。三ツ矢サイダーとかコーラのような清涼飲料水で割ると美味しく飲める。

500円~1000円のワイン -美味しいワインもチラホラでてくる価格帯-

ワインと呼べるものがあらわれてくる価格帯。
美味しいかどうか、というよりは「ワインとして成立しているかどうか」が重要なポイントとなる。
ただし中には侮れないものも結構あって、(その代表格がかの有名なコノスル)たまにあたりを引いた時の感動は、一種ギャンブル的な快楽を伴うだろう。
基本的には安いワインは白の方が美味しいことが多い。

1000円~2000円のワイン -テーブルワインの相場。デイリーに飲むなら安心な価格帯ー

1000円台前半は、チリやオーストラリア、イタリア、スペイン等のフランス以外の地域で安定して美味しいワインが出てくる価格帯である。
また、フランスでもちらほら当たりなワインが出てくる。
スーパーのワイン売り場ではボリュームゾーンになるだろう。

いわゆるテーブルワインの相場で、日々飲む分には最も幸せな価格帯である。
家庭的な料理との相性もよく、食中酒としては、値段と味のバランスが最もよい。

1000円~2000円の赤ワインの特徴
あまり複雑な味わいは期待できないが、「フルーツジャムのような」としばしば表現されるような凝縮感のあるワインが多くみられる。ぐびぐび飲める、とまではいかないけれども、これくらいのワインのほうが気軽で楽しい。
パーティにもぴったり。
特に1000円後半出せるならニューワールドやスペインで非常に美味しいワインが手に入る。

1000円~2000円の白ワインの特徴
華やかで、ワインの苦手な人にもお勧めできるようなフルーティなワインが多くある。というより、この価格帯ではフルーティなワインしかない。
1000円台後半くらいからは、ぎゅっと香りの詰まった、フルーツ丸かじりみたいなワインが楽しめる。
イタリアとスペインの白ワインがこの価格帯では無双状態。非常に料理と合わせやすいワインたちである。

2000円~5000円 -贈り物にも最適なライン

2000円~3000円のワイン -赤白ともにニューワールドが無双状態

チリ、アルゼンチン、ニュージーランドなどの南半球のニューワールドワインがその真価を発揮する価格帯は二つある。
一つが500円~1500円くらいまでの価格。
そしてもう一つがこの2000円~3000円の価格帯である。

無論、このくらいの値段ならフランスやイタリア、スペインでも美味しいワインはたくさんある。だがそれでもニューワールドの爆発力には勝てない。
まさに爆発力と称するのがぴったりな、濃厚で凝縮された味わい。
若々しくマッチョな赤ワインが極めて多い。
贈答用にもぴったりな品質である。エノテカ等のいわゆる「ワインショップ」ではボリュームゾーンとなる。

3000円~5000円 -非常に美味しいワイン

3000円以上出せるなら、非常に美味しいワインがのめるだろう。

実は赤ワインの一つの壁が3000円のラインにあって、それを超えるとぐっと複雑で奥行きのある繊細なワインが山ほど出てくる。

特に5千円出せば、フランスはボルドーの有名な作り手(シャトー)のセカンドラインや、カリフォルニアの素晴らしいワインが手に入る。
これくらいになると5000円のものも10万円のものも違いはないという人すらいるくらい。
高いワインを本当に飲みなれている人でも区別のつかないことは多い。たとえば正月恒例の「芸能人格付けチェック」で超高級ワインと比較されるのがこれくらいの値段のワインである。


5000円以上、いわゆる高級ワインの価格帯

価格と質のバランスが(ぎりぎり)つりあっている(かもしれない)価格帯が5000円から2万円のワインだ。

正直1万円を超えると大差ない気がするが、筆者の舌が貧乏なだけかもしれない。
レストランだとボトル一本で3万円から5万円近くかかるラインである。

5000円~1万円のワイン ー最高級のイタリアワイン、高級なフランスワイン

バローロやバルバレスコにアマローネ、イタリアの最高級赤ワインはだいたいこれくらいの価格帯だ。八千円も出せば素晴らしいイタリアワインが買える。(もちろんもっともっと高いものも山ほどあるけど)


また、フランス・ブルゴーニュのワインもこれくらいの値段から質の高いものが出てくる。
ブルゴーニュ三大白ワインである、ムルソー、モンラッシェ、コルトン・シャルルマーニュも一万円前後がボリュームゾーン。
非常においしい赤ワインは五千円前後に多いが、非常においしい白ワインは七千円から一万円前後の価格帯に集中している印象がある。

一万円以上の超高級ワイン

残念なことに、一万円以上のワインについて語るほどの経験をまだ私は持っていない。今のところは未知の世界である。
ワインを飲んでいるというより、値札を飲んでいるような感じがして、なんだか居心地が悪かったのは覚えている。

関連タグ

タグから記事を探す

関連する記事

こんな記事も読まれています

 次の記事へ 

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP