最高にビールに合う!!ドイツ料理8選

ソーセージだけがドイツ料理じゃない。フランス、イタリアと比べて認知度の低いドイツ料理だけど、豪快で最高にビールにあう料理は他の国にはないもの。今回はそんなドイツ料理で私が好きなものをご紹介。

ドイツ料理の魅力

ソーセージとじゃがいもと……あとなんかあったっけ?
世間一般のドイツ料理のイメージは多分こんなところだろう。
料理よりはむしろビールやクラシック音楽で知られるドイツだが、それは料理がいまいちであるということを意味するわけではない。

いや、いまいちどころか正反対、確かに素朴ではあるけれど、繊細でありながらガッツリ、ビールに最高に合う料理たちばかりなのだ。

ドイツといえばソーセージ

ドイツといえば、なんてったってソーセージ。
なんとドイツ国内だけで1300種類のソーセージがあるというから驚きである。
1500種類という人もいれば、800という人もいるが、要するに多すぎてよくわからないということであろう。

ボックブルスト -ふとめの肉肉しいソーセージ

 

よく知られているフランクフルトソーセージに似ているが、こちらのほうが太めで、また粗挽き目。
ボックビールというビールに合わせるために生まれたソーセージ。
肉!って感じの食べごたえである。

ヴァイスブルスト -白ソーセージの代表

ヴァイスブルスト、直訳すれば「白いソーセージ」
その名の通り白いのが特徴であるこのソーセージは、何よりも新鮮でなければならない。
「ヴァイスヴルストに12時の鐘の音を聞かせるな」ということわざもあるくらいで、多くのドイツ人はこれを午前中のうちに食べるのだという。皮をはがして食べるのも特徴的。

とはいえドイツでもバイエルンという地方でだけ食されているものであるという。

無論、私はそこまで新鮮なものを食べたことはないが、魚肉ソーセージのようなふわふわとした不思議な食感だったのは覚えている。
白ワインとの相性が非常に良い。

豪快な肉料理にかぶりつけ!!

アイスバイン -塩漬け豚の煮込み

ドイツを代表する肉料理。
豚のすね肉を塩漬けにして、香味野菜やハーブと一緒に煮込んだもの。
自分で作っても簡単だ。
すね肉がない場合、他の塊肉で代用できないこともないが、やはり皮付きのすね肉をひたすら煮込んでトロットロのほろっほろにしたいところ。
ザワークラウトとマスタードをたっぷり添えて召し上がれ。

ドイツ料理では全くないのだが、煮込んだ後の汁は最高にいい出汁がでている。塩と砂糖を少々加えれば、そのままラーメンのスープに早変わりである。

シュヴァイネハクセン -バイエルン風骨付き豚のロースト

Photo by erik forsberg

豚の骨付き肉(足の部分)を下ゆでし、そののちにオーブンでじっくりロースト。
皮はローストチキンのようにパリッパリ、なのにお肉はチャーシューのようにホロッホロ。
ドイツ料理を不味いというやつは、これを知らないだけだと言いたい。

豚の脂と、添えられたザワークラウトの酸味が最高に合う。

ザワーブラウデン -マリネした肉のロースト

Photo by garlandcannon

ビネガーに数日間漬けこまれ、臭みが抜けて柔らかくなったお肉をオーブンで長時間蒸し焼きにする料理。
ドイツを代表する料理であるとされている。
イメージとしてはワインビネガーで作ったブフ・ブルギニョンだろうか?

実は私、このザウアーブラウテンについては未食。
都内でなかなかこれを出すお店が見つからないのだ。
絶対にドイツのピノノワールと合うこの料理、いつか食してみたいものである。

じゃがいも料理は鉄板

クヌーデル -ジャガイモ団子

ドイツというと、ビール、ソーセージに並んでジャガイモが有名だろう。
先ほどのザワーブラウデンの付け合せにもなっている黄色いやつはクヌーデルというもの。

クヌーデルはドイツ語で団子という意味だが、この料理は特にジャガイモの団子を指す。
マッシュポテトを丸めたような料理でバリエーションも多い。
固くなったバケットを入れるレシピや、小麦粉を混ぜ込んで茹でる、ニョッキみたいなレシピや、ひき肉名とを詰めてメインディッシュにしたレシピなど様々。
手軽に作れておいしいうえに、メインディッシュとの相性もぴか一なのでお試しあれ。

カルトッフェルザラート -ドイツ風ポテトサラダ

Photo by JaD.

ドイツ風ポテトサラダ、とはいうがもちろんこちらが本家。
ドイツのポテトサラダが日本に輸入され、今日の姿へと変貌を遂げたのである。

そんなドイツ式ポテトサラダ、いろいろなレシピがあるが、マヨネーズを使用することが特に決まっているわけではない。
普通に茹でたポテトをドレッシングで和える、そのままポテトのサラダなのだ。
そのままカルトッフェルトザラート(ジャガイモのサラダ)なのだ。

野菜もある!なんといっても白アスパラ。

ドイツ語でシュパーゲルとよばれる白アスパラガスはドイツの春の味覚。
厳しい冬の寒さをビールで乗り越えた後のご褒美だ。
日本の春は桜とともに始まるが、ドイツの春はシュパーゲルとともに始まる。

缶詰の白アスパラガスしか知らない?
なら、きっとあなたのこれまでの人生の何割か損していることになる。

私はドイツ人でもなんでもないが、季節になると毎日のように白アスパラガスを食べる。
塩ゆでにしただけでもたまらなくおいしいが、バターと卵黄で作ったソースをかけて生ハムやジャガイモと頂くともう、白ワインがとまらない。

下ゆでした後のお湯にもいいだしが出ているから、スープ等にして活用してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です