カテゴリ: ワイン

オレンジワインとは?

オレンジワインとは、「白ブドウを使って、赤ワインの製法で作られたワイン」のこと。
白ワインと赤ワインの作り方についてはこちらを読んでみてほしい。

一般的に白ワインは白ブドウの種皮を取り除いて作るが、オレンジワインの場合は取り除かないでそのまま発酵させる。
そのため皮や種から色が出て、特徴のあるオレンジになるのだ。
(逆にロゼワインの場合は赤ワインの種皮を途中で取り除いて作られることがおおい)

実は歴史の古いオレンジワイン

ワイン発祥の地とも言われているグルジア(ジョージア)の地で伝統的に作られていたのがこのオレンジワイン。その点で世界でも最古のワイン製法だといえようか。

そんなオレンジワイン、以前は細々と作られていただけだったのが、最近アメリカや欧州でブームになっているのだという。

実はここ日本でも、以前から「皮ごと醸す」ことはよくあった。最近の世界的な認知度向上も相まって、再びオレンジワインに取り組む日本の生産者も増えている。特にその流れは甲州(葡萄の品種)ワインで顕著だ。

その味は??

実のところオレンジワインの味を表現するのは難しい。
最近注目され始めたので、まだまだスタイルも製法も確立されていないからだ。
実際その味わいはさまざま。
「ん?これは美味しいのか?美味しくないのか?どっちなんだ?」
みたいな感想を持つこともしばしばである。
かと思えば白ワインに近いフローラルなものもあったりして、とにかく多種多様。
白ワインだと思って飲むとびっくりすることは多いと思う。
(オレンジの味がするわけではないということ、それだけは間違いない)

赤ワインと白ワインの中間の味といわれることもあるけど、それもまた違うような気がする。

飲んでみてくれとしか言えない部分も大きいので本当に飲んでみてほしい。

食べ合わせの点ではかなり融通が利く方だと思う。
かように個性のあるものが多いから、鶏肉や豚肉、こってりと脂ののった魚まで相性がいいのではないか。
とはいえそれも「合うような、合わないような……」という感じ。

まだまだマイナーなワインなので、どこでも飲めるというわけではない。
でもどこかで見かけたら飲んでみてほしい。いい経験になるはずだから。

とかく発展途上のワインだ。
定義も評価軸も、さらには製造方法さえも定まっていない。
普通のワインに少し飽きて、冒険的な気分になったときにはぴったりかもしれない。

関連タグ

タグから記事を探す

関連する記事

こんな記事も読まれています

 次の記事へ 

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP