薬味をちょい足しして、いつものハイボールを格上げ。

いつものハイボールにちょっぴり加えるだけで、ぐんと格が上がるちょい足しレシピをご紹介。ごくごくではなく、味わって飲みたい一杯に仕上げるちょい足しだ。

ライムの皮

定番中の定番。
しぼり汁を入れるのではなく、あえてビターな皮の方を入れる。
混ぜ込んでもいいし、上に飾るように載せるのもいい。

爽やかでありながらビターな味わいが、あなたのハイボールを大人の味に格上げしてくれるだろう。

すだちやカボスの皮をすってもおいしい。

ライムなら雰囲気的にも、味的にもブレンデットのスコッチが合う。

生姜

ジンジャーハイボール、というハイボールがある。ウイスキーをジンジャーエールで割ったカクテルだ。
ジンジャーエールが合うのだから、実際に生姜を入れたら美味しいに決まっている。
ソーダを入れる前にちょっぴり、すりおろした生姜を入れる。
生姜の香りと、ピリっとした香りが心地よい。

出来ればチューブ生姜ではなく、生の生姜を使ってみてほしい。
また、ソーダではなくトニックウォーターを使ってもおいしいのでお試しあれ。

筆者は以前メーカーズマークをトニックウォーターで割ったときに生姜を加えてみたことがある。
メーカーズマークの小麦の甘みと、トニックウォーターの苦味、生姜の香りと辛さが見事に調和していて、思わずバーを開こうかと思ったほどであった。

みょうが

縦に千切りし、ハイボールの上にちょこっと乗っける。
グラスを口元に運んだときにふと香るみょうがとウイスキー……
意外かもしれないが、みょうがとハイボールの取り合わせは非常に相性がいい。

これに合うのは爽やかなジャパニーズ(特に白州)だ。
逆にピート香のドきついスコッチとはあわないだろう。

山椒


次はみょうがに続いて和の食材、山椒だ。
スーパーに売っている粉末のもので全然かまわない。

オススメはスノースタイル。ソルティドックのように、グラスの淵にうっすらと山椒をつけて飲むと、おしゃれで美味しい。
山崎などのジャパニーズウイスキーがおすすめ。山椒の爽やかさ、独特の香りがウイスキーの甘み、バニラ香を引き締めてくれる。

胡椒

ピート香の強いスコッチに合わせるときにおすすめなのが胡椒だ。
燻製香と胡椒の相性がいいのは言うまでもないだろう。

挽きたての胡椒もいいのだけど、筆者のおすすめは市販の細挽きの「コショー」。
氷を入れたグラスにウイスキーとコショーをいれ、ソーダで満たす。
口元に運ぶと、シュワシュワはじける炭酸とともにガツンとしたピート香をコショーが引き締めるという塩梅。
スコッチ以外では、ごつごつとしたバーボンとの相性もいい。くれぐれも入れすぎには注意を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です