カテゴリ: ワイン

この世にはワインマニアになる為の方法は「たったひとつ」しかありません。

しかも、人によっては比較的簡単な方法。
それはとてもとても当たり前の事ですし、方法も端的に言えるのに何故かだーれもその事を明言しないのです。
ワイン通になるための方法は、実はたったひとつしかありません。

「人生が変わる、劇的なワインを口に含む」

断言します。これだけです。

多すぎるワイン初心者本

今回の記事は「ワインって勉強の必要があるんでしょ?」とか「ワインって難しいんでしょ?」とか「ワインのためのアドバイスが欲しい」「酔っ払う為じゃなく、ワインを呑んでみたい」と、このサイトを見ている方向け。
もしくは、クリュだとか醸造云々とかテキストを読みかじっている人が改めて読んでも、何かあるかもしれません。

さて。
皆さんは「ワイン初心者向けの本」というのが山ほど存在している事をご存知でしょうか?

とある都内大手書店さんの写真ですが、左の棚と平積みされてるのが大体ワイン本です。(念のためぼかしを入れておきます)右の棚がウィスキー、ビール、日本酒が一列ずつにチーズなどのおつまみレシピ、それからお酒エッセイ・・・・・・

実際に本屋に行ってみてください、ワインの本のほうが多いのがわかると思います。

左下にソムリエ試験用のものもあるのですが大きなサイズで分冊になっています。
なんと分冊分のお金をとっているんですね。
同じ著者の別の入門書というのもなかなか多い・・・・・・そう、ワイン入門ビジネスです。
ワイン初心者本と言われるやつで、これらはサイズや著者が変わっても大体同じプロセスで書かれています

・ワインってこうやって作るお酒です(付随して日本のワイナリのオッサンが何か喋る)

・ラベルの見方を覚えよう

・品種を覚えよう(その為に飲もう)

・フランスワインを覚えよう~からのフランスの地図が沢山ワラワラと

・一応他の国も触れておこう

・Q&Aをやるよー(これを最初の方に持ってくるケースもあり)

・これでワイン初心者!

大体がコレです。品種とか国の辺りで「このワインを飲もう」みたいな低価格の初心者向けワインとやらが出てきて飲むことになったりしますが、殆どが早い段階で「フランスと品種」に走ります。

でも、このテンプレートではワイン初心者になったり脱することが出来たりしない訳です。
同じような内容で違う人達やなんと同じ著者が何個も本を出して、書店に並べられている訳ですから。
(この例から大きく外れた初心者アプローチ最初にしてるのはこの棚の中ではジャンシス・ロビンソン原著の「ワインの飲み方・選び方」ぐらい。割りとテンプレートだけど変則的ならば「ワインは楽しい!」はちょっとズレてます)
初心者本はものすご~く肝心な事を忘れています。
それは、こうした本を読む「ワイン初心者になりたい人達」というのは「ワインの選び方」や「ラベルの読み方」「品種個性」で困ってなんかいないって事。
ハッキリいいまして

「ワインって渋いんじゃないの?」
「ブドウ潰しただけのお酒をなんで勉強するの?」
「ワインは格好いい気がするけど高い!」

と思っている・・・・・・
そう、皆さん
そもそもワインなんて口にしてないところからスタートしてる。
国だの品種だのラベルの読み方だの歴史だの作り方だの・・・・・・覚える以前にワインを飲んでいない人がこれら初心者本を買っても、当然習得なんてしないのである。
そんな面倒な事して酔っ払いたくないやい!ってネ。
ワイン品種のガイドブックを毎日持ち歩いて片手で読みながらワインを呑む、というのは初心者よりもっと上で、もう研究に近いまさにワイン趣味者そのものなのです。

ワイン通になるための経験

私はとあるお店に一時期は毎日脚を運んでいたことがあったのですが、そのお店で一年以上見かけ隣に座るお客さんでも未だにワイン選びが「なんか濃いのが呑みたい」とか「ブルゴーニュって名前がついてれば何でも美味しい」なんて人がたっくさんいます。
全く成長していない。
適当に買っては失敗し、お店に微妙なクレームをつけながら値下げをせびったりするなんて人までいます。
そんな人にはなりたくない?自分でワインを選んでみたい?趣味がワインだって言いたい?
それならば、余計に「劇的なワインを口にすること」に尽きます。

・・・・・・え、意味わかんない?

もう少し詳しく解説しましょう。
「劇的なワイン」とは言い換えれば、「呑んだあとに考えを変えることになるようなワイン」です。

例を出しますネ。
上述のワイン初心者本だとか、ワインの雑誌だとかを見ているとワインのお偉いさんや芸能人らしき人達にインタビューしている記事があったりします。
この時、往々にして出てくるフレーズは

「XXXというワインを呑んでびっくりしたのがキッカケでのめり込んだ」
「最初は料理人見習いのつもりでワイン嫌いだったのに、日に日に色々飲むなかでワインに目覚めた」

という劇的体験です。または、彼らはこんな事を口にもします。

「昔、XXXという何万円もするワインを飲んだが、ちっとも良いと思わなかった。でも、今ならわかる気がする」

何がわかるのか読んでるこっちはわからん。 けど、 なんだか成長してるらしい。
さておき、彼らに共通していえるのは

1:天啓を受けたかのような衝撃を受けたワインについては何十年前だろうと銘柄を覚えている
2:逆に初めて値段分の価値を感じなかったワインも銘柄を覚えている

ということです。
そして、上述の成長しないワイン呑みとして適当なマッダームは、十中八九劇的体験はしておらず
「なんか甘いお酒が美味しかったからワイン呑んでいるの~おーほっほっほ」
と朧気で曖昧な記憶の中で彷徨っているのです。
ワイン趣味をしたい皆さんは劇的な体験をしなくてはならない。
では、どうすれば人生変わっちゃえるのか。

手早い方法を教えましょう、それは

有名なめちゃくちゃ高いお酒を飲むことです。

初心者だと自覚するなら、安ワインから離れよう

劇的体験をする為には、多くの初心者本で言われる「初心者にオススメのデイリーワイン」はむしろ避けた方が良いです。
それらのワインは確かに「安くて美味しい」「ワインの知識として覚えておきたい個性がある」んでしょう。
でも劇的である確率は低い
呑んでも「あー、なんか美味しかったかな」で終わりです。それで終わってしまうなら「でも、日本酒やビールの方が安いじゃんか」となってワインから離れます。
安ワインで「勉強になる」「価格以上の美味しいワインだという満足を得る」ためにも、実は高額なワインの味や品質というのは知らなければなりません。
値段の安いワインでもそうした「劇的体験」が出来るようになるためには、非お買い得な高級ワインを呑んでいないと測りがないのと同じなのです。
親指と人差指の間が何となく5センチぐらいだからこれで距離を測ればいいや・・・・・・って訳にいかないでしょ?

こういう話になると私が必ず引用する言葉があります。マイケル・ブロードベントという元ワイン界の重鎮だったオークション支配人の言葉です。

「最高級のワインばかりを飲む機会に恵まれた、あるいは興味をそこに限定したような人達はそれよりも下のクラスのワインを過小評価する傾向にあるようである。ところが逆の場合、つまり下のクラスのワインばかりを飲むことに慣れた場合、ワインの品質については何の情報も得られない!いつも並ワインばかり呑んでいる人はたまたま良質ワインを出されても過大評価をすることすらない。どちらかと言えばそういう人はワインの微妙さがわからず、ただただどうしてこんな一本のワインのために一週間は暮らせるほどの代価を払って手に入れるほど皆がワインに狂気になれるのだろうかと不思議に思うばかりである。」
(柴田書店マイケル・ブロードベント著西岡信子訳、マイケル・ブロードベントのワインテースティングより引用)

ブロードベントおじさん絶叫!

皆さんの中には「でも高いワインの味なんて初心者の時はわけわかんないらしいじゃん?」と思う方もいらっしゃるでしょう。
っていうか、初心者本に大体そうやって書いてあって、初心者向けワインとやらに誘導されるんだよネ!
ハッキリ言っちゃうと、劇的体験は「ガッカリ体験」でも構いません。
衝撃度は変わらないのです。
「ひえぇ、こんなにお金を出したのに、ちっとも美味しくないゾ!?」
という体験は、実はやったほうが全てにおいて良い。それもめちゃくちゃ高いのにガッカリした方が良いのです。

一体どうすれば高い、劇的なワインに触れることができるのか、続きは後編のこちら



関連タグ

タグから記事を探す

関連する記事

こんな記事も読まれています

 次の記事へ 
シンク・P・ノブレス

このライターはフルボディです。http://sinquwine.blog.fc2.com/ 「オタクdeワイン!シンクのティスティングノート」よりやってきた。 「オタクこそワインを楽しめる!」「ワインは萌えだ!」が信条。此方では 「オールユーザー向け地球一わかるワイン入門」 を目指して頑張りまス!ENJOY!!

RANKING

最近人気の記事ランキング

RANKING

RECOMMEND POSTS

ACCETORY編集部おすすめの記事

THE BEST POSTS

過去に人気を集めた記事をピックアップ

THE BEST POSTS

NEW POSTS

最新の記事一覧

NEW POSTS

特集

ACCETORYおすすめの特集

特集一覧

TAGS

タグから記事をさがす

TAGS
TOP