苦い、強い、旨い!IPA(インディアペールエール)のすすめ。

クラフトビールの中でも、ひときわ熱心なファンが多い、IPA(アイピーエー・インディアペールエール)。その魅力について解説します。

そもそもIPAとは

IPAは、エールビールの一種。アイピーエーと読み、インディアペールエールの略だ。
(たまにイパ、と読んでしまう人がいるので、ご注意・・・。)

諸説あるが、もともとはイギリスからインドに輸送するためのビールで、長い船旅に耐えられるようにアルコール度数を高め、殺菌作用のあるホップを多めに入れたのがルーツとされる。
要は、ホップを大量に使った強いペールエールだ。

ここでホップの役割を思い出してほしい。ホップの役割は、苦味と香り。
だから、IPAはガツンとくる苦さと、強い香りがファンをとりこにし続けているのである。

ルーツはイギリスなのだが、アメリカのクラフトビールブームで人気が再燃。
米国産のホップを使った、「アメリカンIPA」というのが現在の主流だ。
(インドなのかイギリスなのかアメリカなのかはっきりしてくれ!って感じではある)

今では、日本のどのマイクロブルワリーでも作っているほど。
クラフトビールを象徴するようなビールとして広く受け入れられている。

味は?

上にも書いたが、IPAは、苦くてさわやかな香りがして、アルコール度数が高い。
味の特徴は、苦い、強い、旨いといった感じ。IPAはビールの中でもかなりガツンとくる苦さがある。
そのくせ、その後で爽やかな柑橘系の香りが来て後味に苦さはあまり残らない。
苦いのに爽やか、そんな不思議な旨さを持ったビールであると言える。
そんな味だから、IPAはお酒が苦手な人や、苦いのが無理という人にはお勧めできない。
ビール好きがハマるタイプのビールだ。

IPAはホップの香りと味を楽しむビールだから、適正温度もピルスナーなんかよりは高く、10-13℃くらいと言われている。(個人的には、13℃だとぬるく感じてしまうが・・・。)
また、基本的には少し口の広いグラスに注いでゆっくり飲むのがおすすめだ。
缶からだと、香りを100%楽しめない。(グラスについてはこちら

I-IPAもしくはX-IPAと、セッションIPA

IPAを探してると、IIPAとか、X-IPAなんていう物を見つける。
IPAの一種だと思っていただいて構わないのだが、一応これは一つのスタイルであるとも言える。
これはインペリアルIPAと呼ばれるもの。インペリアルは強い・強大なという意味で、苦味・香り・アルコールがIPAよりも更に強いものである。
苦味の単位にIBUというものがあるが、それが200を超えるようなものまであるほど。(お馴染みの銘柄だと、スーパードライがIBU16、一番搾りがIBU21なので、かなり苦いことが想像できるだろうか?)

逆に、セッションIPAというのは、IPAの特徴は残しながらアルコールのきつさを少し弱めたもの。
IPAは好きだけど、たくさん飲むのは重い・・・という方にはおすすめのスタイル。
アメリカのIPA愛好者が行き着くお酒でもある。

IPAのおすすめ銘柄

日本で買える、IPAのおすすめ銘柄を紹介する。

ベアードブルーイング 帝国IPA

帝国IPAは、静岡県にあるベアードブルーイングの創業時からの定番メニューだ。

“帝国”と書いているから、インペリアルなのかなと思うかもしれないが、
それほどキツいIPAではない。苦味の奥に甘みがしっかり感じられる。
むしろ、IPA初心者でも試しやすいIPAかなと思う。

ベアードブルーイングは静岡のブルワリーだが、静岡まで行かずともネット販売で買えるし、都内にも系列のビアバーがあるのでそこでも楽しめる。
IBUは55。

ヤッホーブルーイング インドの青鬼

インドの青鬼しかり、水曜日のネコしかり、そもそもビールかどうかすらわからない名前のビールは、だいたいヤッホーブルーイングの仕業だ。
このインドの青鬼、一見するとどんなビールかわからないが、IPAだ。(いや、最初見た時は全然ピンとこなかった。インドというキーワードに反応できなくて反省した。)
おそらく比較的簡単に手に入るIPAのうちの一つだと思う。コンビニや、普通のスーパーでも見かける。(しかも、それほど高くない。本当にありがたい。)

しかしながら、結構強烈なビールでもある。IBUは56と、なかなか高い部類だし、柑橘の香りもガツンとくる。IPAらしいIPAだ。

箕面ビール W-IPA

箕面ビールのW-IPAは、かなり重めのIPA。少しIPAに慣れてきたら飲んでみるといいかも。
アルコール度数が9°もあるので、ちょっとストロングエールっぽくもある。
IPAが好きな人にはたまらない味と重さ。
逆に言うと、通好みだし、IPAを初めて飲みたいという人には奨めにくい一品。

ストーンブルーイング ストーンIPA

IPAで一世を風靡し、アメリカで一大ムーブメントを創りだしたのがこの、ストーンIPA。
苦さももちろんあるが、それ以上に旨いというIPAのお手本のようなIPA。
これを飲まずにIPAは語れない。
このストーンブルワリーは、他にも様々なIPAを手がけているので、ためしてみるのもおすすめ。
IBU77。

Brewdog Punk IPA

イギリス・スコットランドの超有名マイクロブルワリー、BREWDOG BREWINGが手がけ、世界中で大ヒットしたIPA。

ちなみに、これの弟分で更に強い”HARDCORE IPA”というのもあって、こちらも飲んでみることをおすすめする。苦さや強さ以上に、香りや旨味が来る。そちらは更に上級者向け。

ストーンIPAもそうだが、輸入品を扱っている酒屋ならそこそこの確率で見かけるので、
買いやすいはず。また、気の利いたコンビニにも売っている。
(先日ナチュラルローソンでPUNK IPAを見つけた!)

アマゾンだとまとめ買いしかできないようだ。中毒者はぜひ。

ブルーパブでも!

IPAは個性が強いお酒だから、ブルーパブで飲むのも非常におすすめだ。

ベストな状態で提供されるIPAはビールマニアになる一番の近道だと思う。
近年では、ブルーパブでもIPAを作っているところが多いので、試してみてほしい。

実は、私がIPAにハマったきっかけは中野麦酒工房のIPAだったりする。

IPAは苦いし強いし、好き嫌いの分かれるお酒である。しかしながら、ハマるとIPAばっかり飲むようになってしまう。
特に、ビールは好きだけど新しいものも試してみたいって方は、ぜひIPAを飲んでみるべきだ。

強烈な個性に打ちのめされて、苦いビールにハマってほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です