【飲みやすいオススメ】ジンベースのロングカクテルまとめ

もっともスタンダードなスピリッツであるジン。とはいえあの独特な香りが苦手、という方も多いのではないだろうか? そこで今回は飲みやすいおすすめジンカクテルをまとめてみることにした。

定番のジントニック

ジントニック

どこの居酒屋にも置いてある定番のカクテル。もともとは熱帯植民地に働くイギリス人達の熱病対策飲料として飲まれていたトニックウォーターを、ジンと混ぜたところ大変好評で、第二次世界大戦後に世界中に広まった。
どこにでもあるからこそ、腕のいいバーテンダーが作ると違いは歴然。

レシピ

ドライ・ジン – 適量
トニックウォーター – 適量
ライムカット

氷を入れたグラスにジンを注ぎ、トニックウォーターで満たしてステア。ライムを絞って、皮ごとグラスに入れて完成。

シンガポール・スリング

シンガポールスリング

熱帯らしい鮮やかな赤を特徴として持つこのカクテルは、その名の通り、シンガポール生まれ。

1915年、シンガポールのラッフルズ・ホテルのバーテンダーであった、厳崇文(嚴崇文、Ngiam Tong Boon)が最初に作ったのが始まりである。なお、シンガポール・スリングのスリング(Sling)とは、ドイツ語のSchlingen(飲み込む)からきていると言われ、スピリッツに甘みと酸味を加えて水で割った飲み物。他にもジン・スリング、ウォッカ・スリングなどがある。

今なお研究がすすめられていて、日々新しいスタイルのシンガポール・スリングが登場しているという。

レシピ

ドライジン 45 ml
チェリー・ブランデー 15 ml
レモン・ジュース 20 ml
砂糖 1 tsp
ソーダ水

ソーダ以外の材料をシェイクし、氷で満たしたグラスに注いで、最後にソーダで満たす。

ジンバック(ロンドンバック)

ジンバック

photo by uka0310

ジン・バック は、ジンにレモンジュースとジンジャーエールを加えてつくるカクテル。居酒屋でもよく見かけるカクテルだが、レモンジュースを加えない手抜きなところも多い。
別名「ロンドン・バック」とも呼ばれる。
Buckは雄鹿という意味であり、キックのある飲み物ということで命名されたと言われている。

レシピ

ドライジン – 45ml
レモンジュース – 20ml
ジンジャーエール – 適量

氷を入れたグラスにジンとレモンジュースを注ぎ、冷えたジンジャーエールで満たし、軽くステアする。

トム・コリンズ

トム・コリンズ

photo by Lumir Stepan

19世紀終わり頃、イギリスでジョン・コリンズという人物が最初に作ったと言われている。
当然、最初は「ジョン・コリンズ」というカクテル名で呼ばれていたが、ベースにイギリス産のオールド・トム・ジン(イギリスのジン。サトウキビ抽出液を加えた、少し甘みのあるジン)を使うようになってから、「トム・コリンズ」と呼ばれるようになった。
現在の「ジョン・コリンズ」は、ジンの代わりにウィスキーを使ったものを言う。第二次世界大戦以後はドライジンをベースとして作るのが標準的になった。

レシピ

ドライジン – 45 ml
レモンジュース – 15〜20 ml
砂糖 – 2tsp
ソーダ水 – 適量
レモン・スライス

ソーダ以外の材料をシェイクし、氷を入れたグラスに注ぎ、ソーダで満たす。最後にレモンスライスを飾る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です