泡盛のおすすめの飲み方は?

泡盛とは、タイ米を原料とした蒸留酒で、沖縄で最も親しまれているお酒だ。
今回はそんな泡盛の様々な飲み方を紹介したい。

お酒好き・お酒に強い方におすすめの飲み方

ストレート

まずは泡盛独特の味や香りをストレートで楽しもう。
特に3年以上熟成させた古酒(クース)と呼ばれる泡盛は、ストレートで飲んで他の泡盛との違いを味わっていただきたい。

オン・ザ・ロック

大きめの氷に泡盛を注いでオン・ザ・ロックで。ゆっくりと溶ける氷に合わせて徐々に変化する味わいが楽しめる。

パーシャルショット

度数の高いお酒は一般的な冷凍庫では凍らないため、冷凍庫に泡盛をボトルごと入れると、キンキンに冷やされた状態で飲むことが出来る。不思議と甘みが増し、トロっとした舌触りが楽しめ暑い夏にぴったりの飲み方。

地元でポピュラーな飲み方

水割り・お湯割り

地元民の間では水割りが一番ポピュラーな飲み方。度数にもよるが、泡盛3:水7の割合が無理なく飲めておすすめ。
寒い日はお湯割りにして湯気と共に香る、泡盛の香りを楽しもう。

ソーダ割り

若い人の間でも好まれているのがソーダ割り。泡盛独特のクセを炭酸が抑えてくれ、爽やかで飲みやすい一杯に。

さんぴん茶・うっちん(ウコン)茶割り

お茶で割ると水割りやソーダ割りよりもさらに飲みやすくなり、食事にもよく合うため、年齢問わず人気の飲み方。
特にウコンには肝臓の働きを助ける力もあるため、度数の高い泡盛との相性は抜群。

泡盛初心者におすすすめの飲み方

シークヮーサー割り

泡盛の水割りやソーダ割りに、生のシークヮーサーを絞って果汁を加える。シークヮーサーの酸味がプラスされ、カクテルのような飲みやすさ。

ジンジャーエール割り

ジンジャーエールの辛味が泡盛とよく合うおすすすめの飲み方。すりおろした生姜を加えると香りが増し、甘みも抑えられより大人の味わいに。

コーヒー割り

一見合わないように思えるが、地元ではポピュラーな飲み方。ブラックコーヒーで泡盛の香りが抑えられ、泡盛が苦手な人でも一気に飲みやすくなる。そこに牛乳を加えるとさらに飲みやすくなるので、ぜひお試しあれ。

最後に

泡盛は名前こそポピュラーになってきたものの、沖縄以外の土地ではまだ馴染みの薄いお酒だ。
さらに「クセが強そう」「美味しくなさそう」「アルコールがキツそう」などといったマイナスなイメージも多いかもしれない。
しかし、泡盛と言っても多くの種類と飲み方があり、色々試してみれば好みの飲み方がきっと見つかるはず。
今回の記事がその手助けになれたら幸いだ。

 

沖縄県の伝統的なお酒『泡盛』とは

2017.06.19

泡盛はここで買え。沖縄で古酒を買うならこのお店

2017.06.29

沖縄女子がおすすめする泡盛を使ったカクテル

2017.08.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です