沖縄に来たらこれを食え!沖縄おすすめグルメ

近年、県外でも沖縄料理の専門店が増えているが、現地で食べる料理はやっぱり一味違う。
沖縄だからこそ食べられる本場の”まーさむん”(沖縄方言で”美味しいもの”)、
その中でも特に食べてほしい5つの料理をご紹介しよう。

沖縄そば

県内外に広く知られている「沖縄そば」。すでに1度は食べたことがあるという人も多いのではないだろうか。
そばといっても蕎麦粉は一切使用せず、小麦粉・塩・かん水を使って作られた麺で、スープはカツオやトンコツをベースとしたものが主流。具材は三枚肉(豚肉)・沖縄かまぼこ・ネギが基本で、その他にもソーキ(骨付き豚肉)や、中味(煮込んだ豚モツ)、ゆし豆腐、野菜炒め、など、様々なバリエーションがある。
地域やお店によって麺の形状・スープの味・トッピングが異なるので、好みの味を探して食べ歩いてみるのもおすすめだ。

タコライス

ひき肉・野菜・チーズなどをトルティーヤと呼ばれるトウモロコシで作られた皮に挟んで食べるメキシコ料理「タコス」をヒントに、同様の具材をごはんの上に乗せるアレンジをした料理が「タコライス」だ。
沖縄北部の「金武町」が発祥とされているが、今では沖縄全域に広がり、お弁当屋さん、コンビニ、カフェ、学校給食など、様々な場所で食べられている人気の沖縄料理となっている。
スパイシーな味付けのひき肉、新鮮な野菜と濃厚なチーズがご飯によく合って、がっつり食べるランチにぴったり。
お店で食べるのももちろん良いが、テイクアウトして海辺や公園などで、沖縄の自然を楽しみながら食べてほしいメニューだ。

天ぷら

天ぷらといえば、和食のサクサクで薄衣の天ぷらを思い浮かべる方がほとんどだろう。しかし、沖縄の天ぷらはそれとは少し異なり、小麦粉と卵を使った衣はしっかりとした味とブ厚さで、食べごたえ十分。
1つ100円以下で販売している店がほとんどで、沖縄県民にとって気軽に食べられるおやつのような感覚だ。
定番の具材はイカ・魚・ゴーヤ・モズクなど。おかずやおつまみにもなり、幅広い世代に愛されている。
街中様々な場所に天ぷら屋さんがあるため、食べ歩きにもおすすめだ。

ステーキ

アメリカから影響を受けた食文化が根強く残る沖縄では、ステーキはとても身近な食べ物だ。
ステーキ専門店はもちろん、洋食レストランなどにも定番メニューとして並び、柔らかく脂の乗ったお肉ではなく、赤身のしっかりとした噛みごたえのあるお肉が主流。
そんなお肉に合わせる定番のソースが「A1ソース」。沖縄のステーキ店には必ずと言っていいほど、このソースがテーブルに置かれている。野菜やフルーツをベースに醸造酢を加えた酸味のきいたソースが、さっぱりした赤身によく合うのだ。
観光の定番地「国際通り」にも多くのステーキ店があるため、沖縄県民おなじみの赤身とA1ソースの組み合わせをぜひ味わってほしい。

サーターアンダギー

沖縄方言でサーターは砂糖、アンダギーは揚げ物を意味する。サーターアンダギーはその名の通り砂糖がたっぷり使われた揚げ物で、砂糖天ぷらとも呼ばれるドーナツに似たお菓子だ。
沖縄県民にはなじみ深いおやつで家庭で作ることも出来るが、専門店も多く存在している。
プレーンの他にも紅芋・黒糖・ゴマ・チョコ・ココナッツなどお店によって様々な味があるため、食べ比べてみるのもおすすめ。
日持ちするよう作られた商品もあり、お土産としても人気が高い商品だ。

沖縄だからこそ食べられる味

冒頭でも記載したように、沖縄県外でも沖縄料理が食べられるお店が増えており、もちろんどこも美味しい料理を提供してくれるだろう。そこで美味しいと思ったのならなおさら、現地で食べる本場の味も知っていただきたい。
沖縄特有の文化や空気に触れながら、”まーさむん”を楽しんでみてはいかがだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です