地元民行きつけの沖縄グルメが食べられるお店

沖縄は定番の観光地とあって、地元ならではの料理が食べられるお店が数多く存在している。
その中でも絶対外さない、観光客だけでなく、沖縄県民からも愛されているお店を紹介しよう。

キングタコス

県内あらゆる所にタコスとタコライスの専門店があるが、その中でもおススメは「キングタコス」。キンタコの略称で親しまれ、沖縄県民ならほとんどの人が知っている有名店だ。
特徴はなんといっても量の多さ。タコスもタコライスも皿からこぼれ落ちるほど盛られボリューム満点。定番の具材にピリ辛のサルサソースが良く合い、まさに「王道」と言える味。
現在県内に6店舗展開。店舗によって味が違うという意見もあるが、メニューに差はないため、行きやすい店舗を選ぶといいだろう。那覇空港から一番近いのは宜野湾長田店。こちらの店舗はテイクアウト専門のため、要注意。

浜屋そば

北谷町の宮城海岸沿いにある「浜屋」は、地元民はもちろん観光客からも人気の高い沖縄そば屋。
とんこつベースだがあっさりとしたスープに、薄焼きたまごが乗ったそばが特徴。軟らかく煮こまれたソーキも絶品。
駐車場が少ないのが難点だが、少し離れた駐車場に車を停め、食後にすぐ隣の海を散歩しながら帰るのも沖縄の雰囲気に浸れてオススメの場所だ。

ステーキハウス88

那覇市の辻(つじ)に本店を構えるステーキハウス「88」は、1960年創業の老舗のステーキハウス。
国際通りにも4店舗オープンしている人気店。ネオンの看板が輝き、アメリカンな雰囲気が漂う外観と店内が特徴。
メニューもリーズナブルなものから高値のものまで専門店ならではの品揃え。注文に悩んだら一番人気のテンダーロインステーキがオススメだ。

お食事処 三笠

地元民行きつけの食堂と言えばここ。国道58号線沿いから路地を1本入った、国際通りからもほど近い場所にある「三笠」。
メニューはチャンプルーや沖縄そばなどのオーソドックスな沖縄料理から、とんかつやレバニラなど一般的な料理まで様々。沖縄のおばー(おばあちゃん)達が作るどこか懐かしい味と、アットホームな雰囲気の店内が非常に心地よい。
24時間営業しているので、空いた時間にいつでも行けるのも嬉しいポイント。

沖縄居酒屋 うちなー屋

国際通りから平和通りに入ってすぐ左手、路地にひっそりと佇む隠れ家的な居酒屋。1972年創業という長い歴史を持ち、地元民からも、観光客からも人気のお店だ。
定番の沖縄料理に加え、「山羊刺」「イラブー(海ヘビ)汁」などの珍しい料理も味わうことができる。
17時~翌日5時まで開いているため、飲み歩いた末の遅い時間でも気軽に入ることが出来る。

最後に

気になるお店はあっただろうか?
昨今、観光客向けの飲食店も増え、選択肢が以前より大幅に広がった。お店のチョイスに悩んだら今回の記事を参考に、美味しいお店を探してみてほしい。

沖縄に来たらこれを食え!沖縄おすすめグルメ

2017.06.29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です